花とか猫とか – エイプリルブルー

君の足音が栞になった
もう一度孤独を知る旅だった

わかってるわ
そんなにたくさんいらないよ
今だけ君だけ全部欲しいだけ

一番こわいこととか
一番きもちいいこととか
花とか猫とか雲とか波とか頬を切る風だとか

君と眠るたび新しくなれたらよかったな
どこにも行けないまま確かめ合うの

開いたら最後
終わりに向かってるって知っている
目を閉じてそっと流れていくだけ

一番こわいこととか
一番きもちいいこととか
花とか猫とか雲とか波とかあの子の涙だとか

二度とない冬
花とか猫とか雲とか波とか来なかった夏だとか