どんなに時が過ぎて行っても変わらないものはここに僕らの星はあの夜空で今も輝いてる思うように進めない日々をまた繰り返してこぼれ落ちた悔しさが 目の前 曇らせてた憧れが夢に 変わった瞬間僕らは星降る丘の上に立って手を伸ばしたねどんなに時が過ぎて行っても変わらないものはここに見失いそうになった時は きっと思い出して掴めなくても 届かなくても昨日より近づきたい走り続けて叶えるまであの日のヒカリが 今も背中