友達と呼べなくなるかな?君の声が今日は 遠く感じている抱きしめて “好き”と言えたなら2人始まるはず 疑いもできないLove you… I love you…くちずさむ 覚えたての歌 響いて 君だけに強い 風に 消された戻るための 道しるべはいらない君を信じて 飛び込む愛も 夢も 未来もすべてあげるよ この想い届けたいカタチない 互いの引力にいつもひかれあった 月と地球みたい本当の気持ちはどん
WE CAN DO ANYTHINGBABY SO BABY SO FIND AWAY空と大地が出会う場所から 陽はまた昇る 思うままに GO AWAY寝ぼけまなこ ラッシュの波 FEEL SO
ひとり 泣いてた膝をかかえてわたしが みつけたココロの翼代わり映えしない 帰り道改札を抜けて コンビニに立ち寄ってひとり部屋にたどり着く TVを観てるタメ息で涙がこぼれる そんな毎日がいつからか暖かいあなたの笑顔で少し輝き始めた(そう いつだって隣にいるよ)夢で終わらせたくない(どんなときでもあきらめないで)手を伸ばせばすぐそこにI need you I want you イジェシジャカルケ羽ばた
あたしのこと 誰も気にしてくれない5日連続で着信誰からもなし旅行に行ったら雨だし、出会いもなし注文するたびオレのメシだけおそいどうせあれだろどうせ無理だろ呼吸ができないくらい自分がいやなのに自分が好きなのさ涙がかわる いつか 涙はかれるそうしてまた探してるいつかある素敵な事なんにもないなら少し歩こうやせたいけど たべて動きたくない彼女ほしいけど誰ともあいたくないデートなのにぃ 友だちつれてこられる
二人の写真を数えたら最後の一枚 泣けてきたこんなに切ない瞬間はどこから生まれてくるんだろうあなたの微笑みを信じてどんな道も迷わないけど寒がりな心が今 震えているの泣き虫な恋のままじゃいけないよね逢えないほど強くなれる気持ちがある弱虫な夜のままじゃ輝けない二人は今 ねぇ何かにためされてる初めて出逢った雨の日の流れる色さえ覚えてる季節は優しく巡りゆき変わらぬ思いが風の中音を消したテレビドラマで運命がい
Rontsu Ron Ron Ron Ron Ron Ree RonRontsu Ron Ron Ron Ron Ron Ree Ron宝探しに出かけよう いつもの仲間たちとただ居ようRontsu Ron
それぞれの道を歩いてそれぞれの出会い重ねそれぞれの別れ惜しんでそれぞれの想い出できた微笑が似合うねと言われても違うよと 胸の中答えてる本当の自分は部屋の隅で膝を抱いてる涙をとめることなど誰にも教わらなかった少し強くなる度に何故だか淋しくなる人ごみが急に怖くて街路樹にしがみついた幸せな恋人たちはあさってを信じている掌(てのひら)を見つめても分からないねえ何が足りないの?多すぎるの?何となく明日が来て