Hey Hey Hey色とりどりカラフルなフラワー抱え持ってパーティーに登場口ずさむ歌 楽しげにウララ今日は楽しんでいこうよ一言で言えばなんだろうぴったりの言葉があんだろうきっと 英語で言えばWonderfulまさに 最高の時間だろかけがえのない家族や友人大好きな彼女にチームメイト呼べばいいさ ご近所の住人朝まで楽しむぜキャンドルにケーキ シャンパンにチーズ溢れる笑顔に あなたのキッス掲げろサイン
淡いパステルカラーの紙吹雪がそよ風と戯れているようなフワフワの幸せ今奇跡が起こるから見てごらんみんなが二人のことを祝福してるよ溢れる笑顔に お気付きでしょうか?Celebration (Yeah Yeah)Celebration (Oh Yeah Yeah Yeah)今日は特別な日 (今日は特別な日)この星に生まれ出会った二人に神様が微笑む日Celebration (Yeah Yeah)Celebration
Wahまずは縦 次は横もういっちょ縦 縦 斜め高く飛べ(Ho) そして叫べ(Wah)ぐるっと回って背は伸びるありふれたチッチャイ世界君がぶち壊してくれ Oh(M・I・F・A M・I・F・A)BE HAPPY そう その感じ Hey君も僕もみんなHAPPY(M・I・F・A M・I・F・A)HAPPY HOUR もっと踊ろうか Hey君も僕もみんな阿呆右に一歩 左にニ歩あとずさり散歩 踏んでみる四股風
WOWWOWもう!なぜあそこで後ろを向いちまうんだ?!って自分自身全然わかりません気がつけばたった一人で浮いてんだ!!笑う余裕も ありません消極的な選択 犯さないリスクやられたメンタル 何もない主義主張(イズム)後ろに戻したり 横にはたいたり 何だその姿勢そうさ 仕事は何だ とにかく そこで前を向け!WOWWOWハードワークなんて基本の基本です自分のためにチームがあるんじゃない肉体の限界は精神のそ
油断してたよなまだお盆前の8月に晩秋の涼しさがやって来て身体丸めてる昨日まで確かちょっとしたことで汗だくで日陰を探して歩くほどの猛暑が続いたのにTシャツと私たち強烈な肩すかしそれでも楽しいこと模索中遠く足延ばしたりモーツァルト奏でてる君のことを想いながら「期待してたようなことは そうは起きない!」とか言いながら捨てたもんじゃないこの世の中を私たちは生きてる言い出すと止まんない猛烈な他者批判それより
いいか? 行けるか?どうだ? やれるか?準備はいいか?自分に勝てるか?Im walking with wings in the sky翼を広げ空を飛んでいるEmbracing with strength and pain強さと痛みに抱かれてIm talking
フワフワと ただ流されて近頃の自分はあまり好きじゃない器用さは身に付いたけれど情熱の安売りしてるみたいだ100点満点の人生など一生探したって きっとないでも出来るだけ増やしていきたい自分に欲張りでいたいゴールをもっと低くして「これで良し」としてしまえば胸のモヤモヤに付き纏われずに過ごせるんだろうがたまに行き止まりにはまったり壁に当たったりするこの人生が好きなんか生きているって気がするんだ時々「昔は
雲ひとつない空の下陽は降り注ぎ 小鳥がさえずるそんなイメージで歌いだすから さぁさGET IT ON!!お行儀なんて良くなくていいこいつはホームパーティー 楽しみゃいい幸せの歌 歌いながら さぁ 騒ごうサンシャインエブリデイサンシャインエブリデイ心が曇って雨が降りそうな日も Dont worryサンシャインエブリデイサンシャインエブリデイ歌おうよ 超ハッピーにもしも仮に言葉が通じなくても問題ない
昨日の僕はムキになり過ぎたとこがあって素直さからは遥か遠い場所にいたそれは僕が触れられたくないデリケートなゾーン知らなかっただろう? そりゃそうだよな当然のことだから顔に刻んだ 眉間のシワをほどいて今は握手をしよう 君と握手をしよう そうだこちらこそどうかしていたのさ 昨日は振り返っても やっぱり ちょっと微妙さ言葉足らず ええかっこしいで負けず嫌いその僕の中の僕が出たみたい深い意味なんかない些細
ここで会ったのもなにかの縁肩組んで輪になりつくる円今夜は宴 音読みは宴 さあ楽しもうぜ Enjoy だ Enjoy降り注ぐ太陽 焼けた肌擦れて痛いよ ララララそれがでも最高 だからかなハナウタが止まらない ララララララララ ララララ唄うのさ 朝から 声高らかにこの声は君に届くかなむむっ どこからか陽気な声高い塀を越え聞こえてくる「昼寝しよ」って思ってたのにツラレてワクワク 胸が踊り出すHey! 兄
それは誰にとってもちょっと特別で新しい自分に出会えた感覚がしてでも別にいつもと取り立てて変わりはしない日々背中に小さな羽があるよな錯覚でラインストーンに煌めく景色が見えるやわらかな風が 君のスカートにワルツを踊るよう 誘ってるららららららら らららららららららららららら spring days振り返れば 甘く切ない初恋はちょうど今日みたいな春の日だった随分と経つのにな 思い出す あの日あの時さ胸を
胸にでっかい誇りを掲げていこう「まだ上に行けるぞ!」そう信じてるよ高い壁だろうとも どんな相手であっても奪いに行くんだゴールを予定どおりその日は来た胸を高鳴らして行こう弱音を捨て 目指すネクストステージもはやなんのブレもない少年の日描きなぐった未来予想図を持って打算なんか知らずに夢追い回したその片鱗に今 指先が触れたWOWWOW思い出せばいいここまでの道のり流した汗と涙の轍を鼻で笑う連中などシカト
少し疲れた でも心地いい疲れだIm going home Im going home今日は良い一日だったあの橋を越えて 坂の途中を曲がればそこにはMy home 愛すべきMy homeちいさな灯りがついてる思い通りにいかない日があってもこうして元気でいれんのは戻ってくる場所 それがここにあるからあるからドアを開ければ 暖かな微笑みが待っているMy home 愛すべきMy homeなんて素晴らし
手を出すな! それだけがルール 頭を使え 心を鍛え手を出すな! それだけがルール 苦しみにたえ 結果で応え手を出すな! それだけがルール 示せ存在 変幻自在手を出すな! それだけがルール ためらわず出す 明日へのパスIts no pain, no gain そこにリスクがあるのは当然しかし 勢い付けて正面 あえて突破する自分探しの冒険に挑戦そうだ show time さあ時間だ ゴーサイン 出し
手を出すな! 手を出すな!手を出すな! それだけがルール頭をつかえ 心を鍛え手を出すな! 手を出すな! 手を出すな! 手を出すな!手を出すな! それだけがルール示せ存在 変幻自在手を出すな! 手を出すな! 手を出すな! 手を出すな!『アイツも終わった』 そう言ってくれたっていいんだぜブーイングや批判のお陰で ここまできたんだぜ陰口マイナス評価 誹謗中傷 心ないディスにバッシング耳にする度確信する Yes