渇望のジレンマ – イヤホンズ

ゼロか 無限なのか
見渡した灰色の空
傷付いたままの君は
よろけながら笑ってみせた

光に手を伸ばした滑落の果て
もう涙 枯れ果てようとも 僕ら抗おう

惑え 今際の別れ道ならば
選ぶ悲劇さえも 血肉となるはずだから
命という名の呪いを背負いて
渇望するジレンマ 正しさを疑え
この罪導かれる方へ

閉じたこの世界は刃
映るのは本当の僕だったのか
問いかける
「踏み外そうとも選べるか?
望んだままの道を」

あの日握りしめた願い解けば
七色 また進化遂げる 虚ろな夢

絶望に抱かれ 指の隙間から覗いた
偽りの救いを追い求めたとしても
数え切れない傷なぞりながら
震え伝うアニマ 真実を従え
過去は声を失くした亡霊

幾重にも重なっては
天蓋となった歌
囚われの明日の錠を開いた

掠める風は呪文のよう
鼓膜を撫でて 囁く
誘惑はまるで処刑
それでも揺るがない

惑え 今際の別れ道ならば
選ぶ悲劇さえも 血肉となるはずだから
命という名の呪いを背負いて
渇望するジレンマ 正しさを疑え
抗い続けては陽の差す方へ