目的が分からずに 迷い続けてた日々も今だったら愛しい程 かけがえない記憶終わりが近づいてる様な 予感が確信に変わる一つ一つの出来事が いつもより早く感じた壊したモノの数だけ 優しさに気付かされた言葉は添えないけど 伝わると信じた終わりたくない想いが 強過ぎて涙落ちた時間は戻せないけど 今だけでも気持ち繋げたならさようなら私達が生まれた時 何もなかった気がする今だったらたくさんの 捨てられない記憶辺