「さよなら」小さく手を振る その先にはたくさんの想い出が溢れているの夢見た景色が涙で滲んで帰り道さえも分からない思考回路 交差する感情「消えないで」「捕まえていて」…なんてね。初めて嘘ついた記憶も大事な宝物にしたいよ隣にはもう いられないけど笑顔を見せて「ありがと」はにかむ笑顔が素敵だからほんの少しでも早く気がついていれば、ね。何が幸せで何が正しいの?答えは誰もくれなくて未知数的 揺らいでる感情「
浮かぶ地平線 キラメク運命潮風が導く航路 デタラメな地図はいらないこの世界ふち取っていく 始まりを重ね -未来-耀きだす海へ 帆を挙げ進むよ加速していく身体(からだ) 波を切って例えどんな嵐 待ち受けていても蒼き私のココロ 沈まないの夢の境界線 ユラメク偶像この世界彩っていく胸を満たしてる -期待-まだ知らない海へ 帆を挙げ進むよ刻んでいく想いも 波も連れて例え深い痛みに ぶつかっていっても蒼き私
冷たく澄んだ 風が肌を撫でたもうすぐ魔法が解けたらまた急に会いたくなる夜が輝くほど この胸は切なすぎて叫ぶように「幸せなんだ」って頼りない自分に 言い聞かせたいつも通りの一日 でも今日は君と話していたせいかな随分、早く感じた星が瞬くのを ただ一人、眺めていたこんなにもやさしくなったのに心は何かを求めていた街の光と、見下ろす空の光目に映った 一つ一つが愛じゃなかったら、何なのだろう夜が輝くほど この
君のことを思い過ぎて時間がもう追いつかない傷ついても、つらくなってもまだ立ち続ける偶像沈む空、輝く銀色今、限界の向こうで光るStarlight信じないと届かない未来ただ君のその願いを叶えたいStarlightずっとそばにいる何が起きようとも大事なことが多過ぎてデータが片付かないどれだけ不安が募ってもまだ信じている偶像「ここにいる」…理由はなくても今、想像の未来に描くStarlightこの気持ちはウ