秩序を乱す干渉 利用される感情他人を導くなんて 軽薄で仕組まれたシナリオ 戯言の欲望それは憐れみをこぼす余地もない枷をつけられた 翼を与えては悦楽に浸るすべてが壊れた 正義と慈悲闇へと隠されてしまう 証を探してそう 辿り着くのは僕だろうまるで救済者のように酔いしれることもそう 今この手で 終わらせてみせる揺れ動いた 鼓動の音押しつけ痛み抱いて行こう
光の中心が 隣に立ってても並んでは歩けない心のどこかで気付いていたんだ静かに事実を受け入れて誰もが笑って いけるなら果てしない 鋭峰も越えてみせる強く押し潰されて 傷を背負う小鳥が抱えた 歪む雑音完全ではなくても この身懸けて暗闇を塗りかえていきたい小さな光を ひとつずつ集めて作り上げていくゼロから始まり手に入れたものは代え難い誇りと覚悟で誰もが歩いて ゆけるなら現在(いま)さえも 変えようそう思