ざわめきにまた時は削られて 崩れ落ちる記憶を貪る引きかえに手にした痛みと共に この曝した生きざまよもっと踊れ 涙溢れた幾つもの場面 その瞬間は永遠に輝き 僕を導く 此処には もう二度と戻れない だけどさよならは今は要らない交わした約束があるだろう この誇りと運命の旗の下で けして消えない大切な場所その愛しさは永遠に輝き 僕を導く けして消えない大切な場所その愛しさは永遠に輝き 僕を導く
片隅に閉じ込めた あの夜の悔しさ振り返しかきむしる TO THE HEART 蹴り入れてさ いざ進めLET IT GO 腹繰ってLET IT GO 崩れ落ちるREAL 幾度も越えた夜傷だらけのPAGEが描く MEMORIES 夜明けに翳して いざ進めLET IT GO 腹繰ってLET IT GO いざ進め 授かりしたったひとつだけのSTORY 己が己である為に いざ進めLET IT GO 腹繰ってLET IT
耳元に張り付くような 沈黙に惑わされてこぼれ落ちた溜め息弾く 耀う銀のピアスただ静かに越える術を 問い放ちながら罅割れてく 罅割れてく この愛に揺れた手を伸ばしても 遠くへ愛の歌よ泣かないでくれ 僕らの歌もっと強く 二人が見失った答を… 夏の雨が奏でるノイズ 意味を無くす言葉に暴れる胸が愛のままに 君の名を呼んだ壊れるほどに 抱き寄せ愛の歌よ泣かないでくれ 僕らの歌きっと強く 二人が見失
帰り道 夜空飾る 星達が瞬く 賑やかな町の灯に 少しだけ霞んで精一杯の想いよ 詩よ届け「後どれくらい…?」なんて くだらない話だねこの夜空の向こう 僕を待つ場所がある遠い空に届け 君にありがとうI WISH YOU どうかこの確かな愛を繋いでI WISH YOU その笑顔もっと溢れて あぁ 星に願いを精一杯の想いよ 詩よ届けI WISH YOU どうかこの確かな愛を繋いでI WISH YOU その笑顔
僕らは狂おしく激しきこの夢と 情熱と共に走り続けた二度と戻らない瞬間を焦がして 次のステージへ 終わりなき物語を 強く踏み出した足が 向かい風に煽られ 乱れ崩れるバランス 一筋に続く軌跡が 千切れ途切れても 僕らは狂おしく激しきこの夢と 情熱と共に走り続けた二度と戻らない瞬間を焦がして 次のステージへ 終わりなき物語を また踏み出せばいい この風の中を 時の隙間に潜めた 互いの痛みに躓き 脆く砕けたプライド
目がくらむ程の光が描き出す無数の影を眩暈に惑わされて二人は 見失い BRIGHT LIGHTS AND SHADOW魅せられるまま 魘されるままBRIGHT LIGHTS AND SHADOW美しき愛の詩 儚き夢に溺れて 愛ゆえに演じたものその笑顔 涙もすべて覚めるだけの刹那と知っても もう二人は BRIGHT LIGHTS AND SHADOW操られても 落ちていってもBRIGHT LIGHTS AND SHADOW美しき愛
聞こえてくるんだ ずっと遠くから希望や絶望すべて 飲み干した風の音が 縺れた善と悪 孤独な真実と嘘そして そぅ LOVE AND PEACE きっとここに答えがあるから WE ARE ALL ONE 願いを胸に抱き進もうDREAM OUT LOUD 未来へ!この地球のもとで それぞれの色 それぞれの祈りそしてGO HAND-IN-HAND きっと届く想いがあるから WE ARE ALL ONE 絆を紡ぎ夜を超えてDREAM OUT
暗闇を纏う 静寂切り裂く 脈を乱すほどの鼓動 数え切れぬ傷跡に 宿る戦士の血が 汗ばむ肌を染めて 明日を待ってる 吐き出された言葉 時を彩るFAKE 答えはもうそこに無くて この命が放つ詩 胸を焦がすMESSAGE その意味を抱き また 歩み続ける I’M ALIVE 永遠に宿命を THE STORY GOES ON 証を刻んでI’M ON FIRE 命尽きるまで 約束のこの場所で この命が放つ
形の違った 溜息ひとつ傷つき初めて 見えるもの飾りつけた日々に 魅せられていたそこは 夢からは ずっと遠くに 今日から俺は 悲しみ抱きしめお前を連れて 歩き始める洒落たブルースを 俺は口遊み朝陽に出逢える 道を選んでく Just, start all over again tonight… 見慣れてたはずの 鏡の奥でアイツのギターが 聴こえる俺は唄うのさ La La…何もかも みんな輝やいてる さあ とびきりの夜が始
夢に舞う花のよう この心奪われ何度でも 何度でも 手を伸ばし掴んでは この手から零れ落ちた 夢のまた夢のよう もがいては また始まる夢に舞う花のよう この心奪われ 口ずさむ旅人のララバイ もう少し もう少しだけ傍にいて ねぇ、もう少し目を閉じたまま君を抱きしめていたい 繋いだ手が もう解けないように 口ずさむ旅人のララバイ もう少し もう少しだけ傍にいて ねぇ、もう少し目を閉じたまま君を抱きしめていたい 
縺れかけた足元に 答を捜してもアスファルトに 削られた色あせた 夢だけ EVERYBODY NEEDS SOMEBODY TO LOVE傷つきながらもEVERYBODY NEEDS SOMEBODY TO LOVEまるで迷い子 みたいに 鍵を掛けた ドアにもたれため息を 殺した戦いの その意味を 俺たちは信じて EVERYBODY NEEDS SOMEBODY TO LOVE傷つきながらもEVERYBODY NEEDS
人を憎む弱さをみたおどけ笑いのうしろに忘れていたひとりのGameに孤独の血が かよいだす Knifeを にぎりしめた18の日々が甦る 爪を染める マニキュアのようにオマエの笑顔も かわってゆきたったひとつの喜びさえも時のすきまが 消してゆく Knifeを にぎりしめた18の日々が甦る もっと! もっと! 孤独よ踊れもっと鮮やかにもっと! もっと! 孤独よ踊れもっと鮮やかに Knifeを にぎりしめた18の日
木隠れに 風切り こぞりて目の前は始線になぞる 螺旋(らせん)と敷く煙は合間の時つれなきときに落ちて 沙羅(さら)咲いて ああ散っていく ああ絢爛(けんらん)は空の心 にやと笑う 天来(てんらい)は軌跡に沿って 星の跳ね回向(えこう)の遥か風光る そのみなもとの 抱かれて羽ばたき ひらりと結い 指は合間で旭(あさ)は互いをしてなじる 色彩の ああ朽ちていく ああみじろぎもせず ただ散るを告げをりぬ 灯のゆらり
何となく こんな夜は君を引き止めたい明日になれば バスに乗り込み俺を待つ どこかの町へ RADIO MAGIC 流れるよ君のくちびるに(WONDER RADIO)RADIO MAGIC 消えないでかさなりあうまで Wow~ なぜかいつも 邪魔するのさ俺の長い髪が不器用に君をくどくこんな夜のキスが好きさ RADIO MAGIC 流れるよ君のくちびるに(WONDER RADIO)RADIO MAGIC 消えないでかさな
音もたてず 奴のわなが近づく手に入れた 自由の Back To Back君の笑顔 よぎる影が浮かぶ振り払え まだ間に合うさ Don’t Look Back 光り輝くDon’t Look Back 夢をみるなら かけがえのない 愛を失くしたやさしかった 全てが Home Sweet Homeすり抜ける あの街の想い出夜の隙間 涙あふれ Don’t Look Back 時代の迷路にDonR
眠る事も忘れ Ah走る車の音が流れ繰り返す日々 ひとりの部屋眠りにつく俺が生まれた 数えきれない人の Ah叫び声と夜にさめたコンクリートの ビルの影にもう一つの俺を倒す T‐O‐K‐Y‐O Ah ahT‐O‐K‐Y‐O Ah ah 地下鉄の中 口を閉ざす人の横顔 俺は見つめてどこかで見た テレビ・ドラマ探している 俺を笑え T‐O‐K‐Y‐O Ah
すれ違う人が今日も 家路を急ぐ黄昏の場面(とき)何かを忘れようと 沈みかけた夕陽を浴びて このまま(FOREVER) 静かなHISTORYこのまま(FOREVER) 刻んで 胸の奥 抱いた不安も 語り合う言葉に消え建ち並ぶ ビルの都会(まち)にも 君を待つ友がいるさ このまま(FOREVER) 静かなHISTORYこのまま(FOREVER) 刻んで 愛に飢えた叫び声が 夜の影をさまよう夢に抱かれ 夜は流れ
かすかにともる 人のやさしさにしがみついても 孤独は踊るでも 12月に咲いた花を飾る 君が季節を 俺にくれた 君を家に送り 戻った部屋午前2時を指した 時計が鳴る少し酔ったせいか 時間の流れを急に夜が止めた気がした 人の吐息も 街を照らす灯も夜露に曇る 窓にかすみでも 12月に咲いた花を飾る 君が季節を 俺にくれた 出会いに祈るほどの 声を殺す言葉が何故か 笑いを誘う気付かない方がマシさと歩き出す足を 
From Mainstreetこぼれる光に 照らされ路地裏で吠える負け犬はごめんさと声もかれはて 吐出す血がふさぐ背中笑ったすりきれた夜は 雨が街をぬらし砕けちまった夢を 洗い流すのさあふれるほどの 人ごみの中悲鳴すべて 消されて Fight! Over and over-over again叩きつぶされてもHey! Just like a boyその瞳のままで Try again 1980”夢を語るふと奴がよぎるおちてゆ
壁際を飾る写真思い出にぶらさがり時の中 色褪せていた いつもより酔ったせいか言葉が邪魔して溜息と沈黙のいらだち消そうとして そっと持ち出した この愛が街で迷いとまどう君だけ 帰り道見失いざわめきの中へ いつからか二人無理してはき違えた自由を優しさと置き換えていた すれ違う時間だけ その笑顔空回り強がりは いつか見た自分に似ている 今僕達のこの愛が離れてゆく掠れかけてたひたむきな声もかれこの詩は途切れた すれ違う
窓に吹き込む 風が痛いよ一人きりの部屋を何で飾ろう数え切れない時間のいたずら愛を重ねすぎて 君はもういない そう愛は嘘つきの天使キレイゴト 並べてくれるたった一つ 言えない“ずっと 俺のそばにいて” “遠いあの都会で 夢を探すわ”君のその言葉に 笑顔作るだけ なつかしい歌をつまびく“その夢を 抱きしめて歩け”矛盾という名の愛俺にはできることがない そう愛は嘘つきの天使キレイゴト 並べてくれるたった一つ 言
失うものばかりでたちどまる事ばかりで限界の枠を定め逃げ道を隠し持った生きるためにもがきながら何かを探してるんだここにある人生のもと 一瞬の場面つみ重ね 砕け散った夢を誇れ 確かな軌跡を深く深く刻んで そうさ前に進むために自分らしくあるために激しく鼓動かきたて今日を生きぬけ 無意識に軽いうそで危険を回避している少しばかりの経験が嫌になるときなんだ賭けをする相手はいつも自分の中にひそんでる負けて悔やむ事なん
白と黒を混ぜ合わすように仕事がうまってく寝不足もかなり重なって明日が憂鬱に思えてる永遠の愛を交わした相手もいるけど午前0:00時リビングのすみ なぜか今夜も一人きり はけ口も見つからず無意識に飲むビール栓を弾く音だけがリピート百戦錬磨のヒーロー憧れてみても荷が重いし、増してなれないし 帰り道ポケットの中にチケットを探したカプセルに逃げ込めばそこはひと時のパラダイス旅先で出会い重ねて恋におちたひと文字だ
明日を見てたあの瞳をすて今日という日を垂れ流し痛みになれない自分騙せず未来なんて過去の話し いつのまにかここへ来た知ろうとしなかっただけさ 愛はあるかい瞳に残る炎は全てを焼きつくし未来へ向かうよ 夢にみてたあの日を捨て目の前のえさにうえ自分以外の誰も嫌いで未来なんて過去の話し 1人でここまで来た誰もこなかっただけさ 愛はあるかい瞳に残る炎は全てを焼きつくし未来へ向かうよ 愛があるから祈り全て身につけ拳をにぎり
幼い頃さ 抱えきれぬ夢が覗いた Road map近くに見えた あの街がなぜかやけに遠いぜ 夜のFreeway The daylight and midnight外れたままの 歯車が時を刻む サイクル乱しはじめても 人はルールに 情熱も削られ明日を待つのか?夢を語れば“はみだし者”と罵声飛びかう ふきだまりで The sadness and loneliness“自分の胸にしまいな”と人気のないParkingおどけ 強が
引き寄せ離れ天使のいたずらに戸惑いゆがむ 二つの愛行く当てのない時間すごしてもI need you 無くしたくない 二人抱き合い全て とけあい 流れる時も季節も夜も 通り越し 重ねるほどに今言うよ僕と 離れないで すれ違う思いのかけら2つ二人の心を 傷つけて行く当てのない時間過ごしてもSo lonely もうこれ以上 二人泣きあい全て 避けあい 流れる時も季節も夜も 通り越し 重ねるほどにいつも君に誇れる 夢
眠れなくて 君の寝顔を見てるこれまでの日々を 重ね合わせ 懐かしい詩を唄った 明日に届けるように時間は 恐れるものじゃない未来を掴むためのもの 俺達のこの愛が 誇りであるために「抱きしめて」「抱きしめて」倒れないように後悔は何もない この道の上で命を噛み締めて 夏の雨が 大地を癒してく涙もそう 俺の乾きを満たす 強くありたいと願い叫び続けてきた負けることは誰も 望まない諦めるわけに いかない 俺達のこの愛が 
肌にぬくもりを不思議なまで求めた 怯えながら同じ夢を見た恋人たちの夜がせつないほど 夜明けを待つ週末の静けさに二人で見る愛の行方 祈りながら 信じ合う罪が膝をかかえ痛みをかみしめて禁じられたストーリー説き明かせずこの愛 殺し合う 誘いかける甘い蜜のその香りに繰りひろがるとまどいに 奇跡を二人待ちくたびれ霧の中二人心乱れ奇跡を二人待ちくたびれ霧の中二人心乱れ 誘いかける甘い蜜のその香りに繰りひろがるとまどいに
この世界で永遠に続く痛みにどうか目をそらさないで 手に入れてもこぼれ落ちる夢に君ふさぎ込まないで さあ強くつばさ広げもっと高くもっと遠くへ 今 光は差し始めたばかり目ざめた想いを抱きしめ 遠く聞こえる天使の詩に沈む心も休ませ 深い闇は恐れないで扉開き明日を灯そう いまここから始まるよ さあ強くつばさ広げもっと高くもっと遠くへ いまここから始まるよ
時のなか人の想いをぶちこわし明日を守るそのなか君が見る夢で今は幸せだね 孤独のなかで何度も死ぬほどめぐりめぐるひとりで何度もかきむしり気が狂うぐらい 泣き殴り吐き倒れこの全て灰になるまで立ち踏まれまた立ちこのからだ燃え尽きるまでこの心さめないで またあの日とおなじことを繰り返しさまよい時が全て消し去ると今でもそう思ってるの 何度も振り向き楽しかったそこへいこうとしたよつまずいていつもなんだかそこへいけなく