信じていた人に裏切られた事あなたはありますか?全てを奪われてから 一人で眠る部屋には希望の欠片さえ残らないどんな会話でも疑わしく思う自分が時々耐えられないそんな時心で感じ、心で聞いて、夢の言葉を胸の中で生きているよ Dreams lives On&On&On愛している人に抱きしめられた事あなたはありますか?温もりの伝わらない冷たい腕の中では二人の未来など育たないカーテンを引いて灯りも存在も消して一
Your heart is a lab of anxietyA center of insecurityYou keep me under a
悲しみから自分を守る方法色々身に付けて来たが未だに一人だ気を許して笑う事が出来なくなったのは信じる事を恐れているから人間は皆一人だから境の無い自由な世界目指し踏み出すの誰かと過ごす熱い夜は必ず冷たい朝が待っている結局一人だ人間は皆一人だから闇をかき分け共に歩く人求めてるWere all alone, all aloneClose the window calm the lightAnd it will
生まれつき足は 誰よりも速く競争をする時は 格別輝いていた恋愛もレースで 出会いはスタートラインライバル達と並び あなた目指し走り出す追いかけ 追い込み 追い回す手に入らないほど欲しくなるあなたよりも大事なもの それはゴールよりも Its the chaseいつしかあなたは 私に恋をした体を寄せ合っても キスよりあくびが出る追いかけ 追い込み 追いついた手に入れたとたんに欲しくない恋愛より大事な
「何かが足りない 距離をおきたい」とあなたから切り出された別れまでのカウントダウンは始まっている強気でいるけど時間が経つほど沈黙に支配される目に見えなくても心は繋がっている愛を手放せないよ あなたを手放せないI cant live if living is without youI cant live, I cant give any
安全地帯の家を出て 鞄を両手に抱えて毎朝歩く孤独の一本道太陽が僕を見捨てて 自分の影が薄れていく誰も気づかないけれど この胸は泣いている輝く人になりたくて目を閉じて想像してみるたくさん笑い 恋もしたりきっと幸せだろう 幸せだろう言葉が僕を見捨てて 届かぬ思いだけを残す誰も聞こえないけれど この胸は叫んでいる輝く人になりたくて目を閉じて想像してみるたくさん笑い 夢も見たりきっと幸せだろう 幸せだろう
How do I say goodbye早すぎる別れに心がついていけない一人で歩いて行く自信なんてないIts so hard to say goodbye to yesterday最後の会話を思い出す「強く生きなさい 一人じゃないから 壊れそうな時は胸の中を見て そこに私はいるから」10年 20年後も今みたいに鮮明に あなたを愛し続けるAnd Ill take
エミリー 純粋さなんていつかは失うもの取り戻せないからって自分を責めないで他人の幸せすら喜べない日もあるそんな事で自己嫌悪に陥らないで優しさがあなたを追いつめるから心が落ちていくdown down downエミリー大切なのはあなたがあなたに満足する事全てはそこから始まるエミリー I believe in youエミリー 人を気遣って真実を言えないから結局嘘が自分を傷つけてしまういつもなら我慢して飲
肌寒い春の朝に 偶然あなたと出会った初めて運命を信じて 飛び込んだ恋だった夏前に「愛してる」って 突然あなたが言った一時停止ボタンがあったなら 放さずにいただろう幸せは平等じゃないとばかり夢なんて他人のものとばかり思っていたけど忘れないで季節が変わっても愛の花が咲き乱れた SeasonSeason of love秋風が吹き始めて 二人の間を抜けたいつの間にかケンカも絶えて 会話が少なくなった霞んだ
君が笑う時は 僕がとなりにいる君が死ぬ時は 僕がここにいる海と青空が 背中合わせる場所運命のドアを ためらわずノックしようKnock, Knock, Knockin On Heavens Door涙を拭いてKnock, Knock, Knockin On Heavens Door終わりは怖くない風に揺れる髪が 僕の頬をなでる君の腕の中で 生きる意味を知ったKnock, Knock, Knockin
「たまには僕のためにも歌を作ってくれないか」とあなたは冗談ぽく恥ずかしげに私に言い出した「いいよ」と素直に言えないから「考えてみるよ」と言ってみたいつもこうだ 意地を張って あなたを遠ざけるいざ紙に綴っても 私たちのロマンスが大げさになりすぎてしまった昔から言葉より数学の方が得意で何気なく計算を始めたら友達と恋人を 足してそれを2で割ると答えはあなたなんだと気がついた喜びも悲しみも あなたと分け合
人にも親にも言えない恋をして汚れた良心を引きずり回しているあと何回逢ったら許されるのだろう永遠にそんな事ないとわかっている逢いたい逢えない逢わない方がいいこの想い止められないお金で買えるなら自由を買いたいあなたとここから逃げ出してしまいたい愛したい愛せない愛さない方がいいこの想い止められないSomebody stop meSomebody stop meCause I cant stop myself
初めて愛した人は なかなか忘れられない庭に咲いているダリア見て思い出すのあの頃は初々しく 二人とも背伸びをして大人ぶった約束を口にしていた夜遅くてもあなたの帰り 起きて待っていたどんな小さな出来事さえも 報告していた「花言葉が『優雅』だから君に似合うよ」ってあなたは赤いダリア買ってくれたね何もない部屋の中で咲き誇るダリアは二人の愛を彩るシンボルだった初めて嘘つかれた日 なかなか立ち直れなくて赤いダ
(第一楽章)最後に見たのは対向車線の 眩しい二つのヘッドライト激しく雨の降る夜こうして 私は呆気なく命を落とした名前を呼ばれて目を覚ましたら 聞いた事もない優しい声が「目の前の赤い扉を開いて こちら側へ来なさい」と言った「別れを告げたい人がいるから 少し時間をもらえませんか?」すると「それでは一晩だけ持つ事に致しましようこの扉 明日朝に永遠に閉じるから 気をつけなさい」必ず戻ると約束したら 壊れた
おとぎの世界はいつも ハッピーエンドになるけど現実は続いて行くものなんだシンデレラは恋のチャンスを靴と共に無くしたのに完璧なロマンスが舞い降りたでも今の時代自分の足に合う靴を待っているだけじゃ 王子様なんて現れないOur story is meant to be continuedMeant to be continued白雪姫は何回も魔女に編され続けたのに素直な心を失わなかった毒リンゴを隠し持っ
ある偉大な女性が言った「他人(ひと)の顔をよく見なさい」と「それは鏡と同じで 自分が映っているはずだ」今まで気付かなかったけど 心を許せる親友と映画の帰り道に ある事を言われピンときた「君といるだけで落ち着くよ 僕も君みたいになりたいな」少しうつむき加減で 照れてるようだった違う人でも ひかれ合うのは 似たもの同士だ私はあなたのリフレクション あなたの心を映してる私がきれいに見えるのは あなたがき
バスの窓越しに映る黄昏彼女の切ない間違いと共に沈んでゆく夕日がもの悲しい二つの重たいかばんの中には今までの人生を全て詰め込み大切に膝の上で抱えている「今度は新しい街 新しい人と幸せになる」こうして精神の秩序を維持する彼女は美しい放浪者Never finding peace, never finding love街に着いたら雨脚が強くずぶ濡れの彼女に傘を差し出す優しい笑顔の人が現れた食事をしただけで
I wear black glassesJust a frame of me you seeFancy window dressingIn the mirror
大切なものを無くし 取り戻すためにと君はリングに上がった 美しきファイターどうしてそこまで 恐れているの何かを証明したいからなの?例えば見方を変えるだけで終わりではなくて スタートになるコップの中身は 半分空じゃなく 半分入っている大切なものが何か 見落とす時もある震えて泣いても君は 美しきファイター 美しきファイター強がりはいつも 裏目に出る反対の事を願っているのにこのまま列車を 見送ってしまえ
Good morning son子供の君は悩んでいるけど私もまだまだ大人らしく振る舞えないあの日見た夢に終止符を打ったEverybody Knows 痛みから逃げ出したい時もあるって現実を受け入れる事は簡単ではないよ迷うばかりだ大人は全ての答えを知っているみたいだけど本当は誰もが助けを求めているんだそれでも君の為に力になりたくてEverybody Knows 痛みから逃げられないときもあるって問題
曇ってる空に似合うほどの憂鬱な顔でハンドル握ってドライブしている勝つ事ばかりに集中しすぎて戦う意味すら忘れてしまった 忘れていたの叶えたい夢があって目的地へ走っている才能だけじゃタンクは足りない 努力をハイオク満タンで目指している my final destinationFinal Destination仕事の都合で離れて暮らす (so far away)二人の間に忍び込む不安に負けてたまるか!あ
拝啓 この手紙読んでいるあなたは どこで何をしているのだろう十五の僕には誰にも話せない 悩みの種があるのです未来の自分に宛てて書く手紙ならきっと素直に打ち明けられるだろう今 負けそうで 泣きそうで 消えてしまいそうな僕は誰の言葉を信じ歩けばいいの?ひとつしかないこの胸が何度もばらばらに割れて苦しい中で今を生きている今を生きている拝啓 ありがとう 十五のあなたに伝えたい事があるのです自分とは何でどこ
信号が青に変わり、風向きも変わり今愛に絡まった嘘も解け 胸の中の悪魔が去って行った重い傷 私の過去自分の欲と野望があなたへの愛の邪魔をしていた初めて今あなたの目を見たWill you dance, will you dance朝の光の中、チャンスを片手に踊りましょうよWill you dance, will you danceあなたしかいない掴んだこの手を離さないで人は変われるから魂が揺さぶられて
差し出した手に 愛はあるのか?思いやりや同情でもやり抜く意志に意味がある心構えだけでは足りない時もあるよ優しさの裏を見て 空はいつも 空はいつも 泣いている差し出した手に 夢はあるのか?下唇噛み締めた少女の瞳に祈りたい退屈した心が全てを麻痺させている幸せの裏を見て 空はいつも 空はいつも 泣いている大粒のなみだが熱い心構えだけでは足りない時もあるよ優しさの裏を見て 空はいつも 空はいつも 空はいつ
あなたの愛は真実に溢れてたにも拘らず私は手元を他と比べては満足出来ずにいたそれでも常にあなたは駄目な私を胸に抱き生きる楽しみや笑う喜びを絶えずに教えていた闇が忍び寄りあなたを攫うと想像すらしなかった戻せない時間に未来を縛られ身動き出来ず あなたを想う時を超えて存在するあなただけへの愛がある遅くはない空の向こうまで届く様にsinging this song for you時を超えて存在するあなただけ
There are ways, there are many ways you could say all this;There are days,
春に咲くお花を描いてみたけど何色か分からずに夢から覚めました走る思いに 追い抜かされぬように今日の光に そっと呪文をかけました変わり行く季節も去って行くあなたも心を引き裂いても取り戻せないんだ裏切り者と 裏切られる者なんて何も違わないと 初めて知りましたかけがえのないものだから簡単に捨てられるはずがない知りたいなら教えてあげるよ最初に咲く花を描いてみたけど名前も分からずに夢から覚めました愛する者と
The one who gifts you, the one who lifts youShes the angel in your
本当の愛なら 愛する人を自由にした方がいいそれでも戻って来るなら運命 戻らなくても運命あなたにとってたわいない たった一言で私は理想や夢をバラバラにされた悲しさが虚しさに 虚しさが強がりに変わって「さようなら」になるThere is just one melody世界中の音が消え去って たった一つの歌が残るならそれはjust one melodyプライドを捨てあなたに言える「ごめんなさい」の音色だ
「ガラスの向こうに幸せはある」とあなたは額を窓に当てて言ったうつろな瞳よ 何人の人に愛を与えられ そして奪われたの帰る道を見失っても 嘘をつくのに疲れた日も私がいる ここにいるから今は役に立つ言葉など 何一つないけれど心地いい沈黙をあげるから今日はこの腕でこの胸で休めばいい 眠ればいい答えじゃないけれど 友のしるし受話器の向こうで黙った私にあなたは一言「大丈夫」と言った一時間後には私の隣で破いた写