街の灯りが 滲んでゆれる女ごころで あなたがゆれるこの世でいちばん 大事な男と別れてしみじみ 知らされた何処にいるのよ あなたは何処に涙 涙ひきずり…ひとり札幌愛を映した グラスを見つめそっとつぶやく 愛しい名前ふたりが出逢った 新宿通りおもかげ相手に 飲んでいる何処にいるのよ あなたは何処に花を 花を散らして…ひとり札幌夜のススキノ 噂を追えば風の寒さが この身に沁みるあなたと初めて 結ばれた夜
産声が 聞こえた時は嬉しくて 嬉しくて 泣いたっけ君の生まれた 夏の朝父さんには 天使のようだったしょうぶ湯に 入った季節衝撃が 体中 走ったよ君のちいさな 手を包みなぜなんだ なぜなのと 叫んだよ七夕に 願いを書いた優しさと 思いやり 明るくと自分自身に 苛立って反抗期は 母さんを 泣かせたね誰とでも 両手を広げ喜びを 全身で あらわした旅をしながら 学んだね車いすも 大切な 友達さ氣がかりは 
待っているわと 叫んだ声もつめたい男に とどきはしない雨の新地は 流しの歌もふられた女の歌ばかりアアアー濡れて大阪アアアー濡れて大阪あなたあなた愛して 涙のぶるーすどこにいるのと 夜風にきけばひとりで飲んでた いつもの店で嘘よ昨夜は あの娘といっしよ肩よせあってた 御堂筋アアアー濡れて大阪アアアー濡れて大阪あなたあなた愛して 涙のぶるーすどうせだめさと わらわれながら夢にすがって 三寺あたりいいの
憎い貴方を 憎めずに渡りきれない 未練川西へ東へ 噂を求めあなたあなた探して 来た町は雪が冷たい 肩に冷たい六日町ブルース他人に馬鹿だと 言われても貴方ひとりを 信じてる夢をいちりん グラスに浮かべひとりひとり飲んでる 坂戸橋命せつない 涙せつない六日町ブルースきっと貴方も 今ごろはわたし探して いるはずよ富士見通りの 灯りの中に揺れる揺れる面影
どしゃ降り雨に 傘もなくあなたを探して 歩いていた浮気な風に 誘われて今夜もきっと 帰らないあんな男と いわれてもこの世で一人 ただ一人尽して 尽して みたいから諦めないわ 愛したい女って男で 変るのよ照れくさそうな 朝帰り黙ってあなたに しがみつくお疲れでしょう お茶いかが事故ではないかと 気にしてた信じることも 生甲斐よこの世で一人 ただ一人尽して 尽して みたいから諦めないわ 愛したい女って
好きな男に 総てを捧げた弱い女を 責めないで運命に負けた 女の肌に冷たい風が吹きつけるレイニー レイニー インマイハート女の心に雨が降る十字街の 灯が揺れる苦いお酒を 涙で割って今日も淋しく 飲んでいる貴方がくれた 思い出だけじゃ私は生きて行けないとレイニー レイニー インマイハート女の心が雪になるレンガ通りの 岩見沢うしろ姿の 倖せばかりついて来るのね 何処までも待つことだけの 女になんてなりた
風の町 旅のつれづれ 灯が点りゃ半端がらすの おいらの胸にじんと泌みるよ 湯の煙り流れて他国の 仮の宿 今日もまた街道すずめよ ねぐらはあるか早くお帰り ああ日が暮れる旅の空 人の情けと 浮き雲は風の吹くまま 東へ西へ旅でござんす この俺も茜の山々 鳴いて飛ぶ 夫婦どりやくざな俺にも 昔はいたよ胸にすがって ああ泣いた奴北へ行く 夜行列車の 哭き笛が遠い故郷の 想い出ゆすりゃ旅の酒さえ 苦くなる達
もう一度あたしを 愛してほしい男ごころは もどらない夜のすすき野 酔いつぶれ真珠色した 雪に泣く女をなぜに いじめるの骨から泣きたい 骨から泣きたい雪子です一緒になろうと 通ってくれた甘い言葉を 信じたの凍りつくよな 路地灯り赤いネオンの 止まり木で空似の人に 肩よせて骨から泣きたい 骨から泣きたい雪子です尽くして死にたい あたしを捨てて誰にあげるの 幸せをあなた一人に あまえたい未練さびしい う
握る受話器の向こうに あなたの顔が浮かぶここは異国の街 心さえ遠い愛を重ねた日々を 白紙にするわさよならを最後の 言葉にしてあきらめてララバイ 灼熱の嵐青いモスクがまるで 宝石のようあきらめてララバイ 憂いに満ちてワインよりもカシスの酒で 酔いしれましょうか二度と逢わない約束 心に決めてきたの急ぎすぎてた愛を 眠らせる為に違う生き方きっと みつけてみせるふりかかる未来を 一秒ごとあきらめてララバイ
あなたを 私のベストファイブに 入れたげるわと指を折る手が 小憎らしいね好きにしていいよ好きにしなよと懐深く 装っていても他の男を 見るときのおまえの流し目が 気がかりなのさおまえの好みに無理に自分を 歪めてまでも独り占めする つもりはないさ好きにしていいよ好きにしなよとグラスの底に かんしゃく玉をそっと沈めて のむ酒に悪酔いしそうだぜ 今夜もきっと夜更けの舗道に膝を折り曲げ 両手をついて拝みたい
夢をください 嘘でいいからこの指に この髪に この胸にゆきずりの旅の人よあすは他人の 背広姿一度だけ 一度だけ 契りかわせばああ 泣いて札幌 中の島ブルースお酒ください 涙色した淋しさに 想い出に 傷跡に止り木の旅の人よどこか昔の 男に似てる面影が 面影が 心ゆらせばああ 泣いて大阪 中の島ブルース情ください ひと夜限りの夢あかり 影あかり 恋あかり淋しげな旅の人よ逢えば別れの 恋ねぐらひきとめて
ハマナスの 咲く頃に石狩浜へ 行こうねと吹雪の窓で 約束したね指切りの 指が解けたまま時計台の 針は廻りつづけるああ サッポロ サッポロ エルムの都君とここに住みたかった 夢はまださめない胸の愛 言いつくす言葉がなくて 黙ってた羊が丘よ ポプラ並木よあのときと 同じ風景が涙色の 星を空にばらまくああ サッポロ サッポロ 挽歌の都あの日言えなかったことを いまはみんな言えるアカシヤの花詞(はなことば
口から口へとお酒をじかに呑ませて下さい躰が芯からとろけるように少しずつあなたの思いを私の中に注いで下さいほんとの恋にいま目ざめます酔ったおんなはお嫌いですか私なんかじゃ迷惑ですかHey! Hey! Hey! Hey! Hey! Hey!ひとめ惚れひとめ惚れ 信じてお願い他愛なく他愛なく あゝ首ったけひとめ惚れひとめ惚れ もう止まらない私あなたを口説きたいの胸から胸へと吐息をそっと移して下さい心の底