Around the world just in 60 minutes世界を回ろう 僕らとAround the world just in 60 minutesサクッとね シャキッとね スカッとね音の速さで旅をして 世界の美女に恋をしようAround the
WAIKAPU PAKALOLO 美しい愛の言葉フラを踊る君を見たときその魅力に 一目惚れした言葉なんか 通じなくてもわかりあえるここはラハイナWAIKAPU PAKALOLO君が教えた I LOVE YOU白い浜をかける君のように素足のまま 生きていきたい胸いっぱいの 愛を捧げて夢見心地のカウアイWAIKAPU PAKALOLO片言だけど I LOVE YOUカヌーに乗って川を下れば魚たちも 微
振り向けば 砂漠の夕暮れが地平線を 赤く染めるオー、ブエナス・ノーチェス 星がまたたくまるでそれは インカのペンダントアディオス 愛しのセニョリータ 黒い瞳でこの心 虜にした君さたどり着いた風吹く街 ここはメキシコ君に逢った情熱の国 コラソン・インディオずっとここにいたいけれど もう行かなくちゃ月影に浮かぶ古い酒場今夜テキーラ 胸にしみるそうさアミーゴ 心のままに旅すれば どこにいてもStranger
雪よりも白い 君のイメージはペチカ トロイカ ウオッカに ツンドラ凍えそうだけど心の中には 燃えるバラライカ愛の炎で 煮込んだスープは猫舌じゃ飲めない恋はボリショイ 素晴らしい奇跡舞い上がって 僕は宙返りいつまでも いつまでも可憐なままでいておくれ(Hey!)シベリアという名の お菓子を知ってるかい最果ての街に 住んでる君へのプレゼント 受け取って芯の強い人さ 冬のバレリーナチャイコフスキーより 
ジャマイカ 心盗んでくジャマイカ 物騒な島さジャマイカ 君はいつも レイドバックきまって 脳天気に ピースどうして君は そんなに テキトー口説文句の 返事も テキトーそのくせ 逃げ足は速くてキングストンまで 追いかけたならラスタカラーの 男が言った「お前 テンポが速すぎるぜ」年がら年中レゲエ 気持ちよくて始終レゲエ ひらすらオッケーややこしいことは 明日考えようジャマイカ ゆるいバイブレーション世
チャイは投げられた 君に出会った時愛の宮殿に 迷い込んだのさ額にはビンディ 輝く星教えて カーマ・スートラOh, my クリシュナ 僕を誘う調べはシタール魔法の 甘い罠にかかったごたぁるささやく君の マントラで恋はアーユルヴェーダ チャクラが開いてく目に入らぬのかい このチャクラ吹雪が黄金のサリー たなびかせて君は 豹の化身When I lose you ほうむってくれ タージ・マハルにOh, my
ショーウインドウに映る 君は綺麗だったAh 肩寄せて歩く 歩道に春の陽射しうたかたの夢 回転木馬甘い囁き 天使の溜め息パリの空の下で 二人は出逢った je taimeなぜ 髪を切ったの? さよならの時が来たの?涙ふいて mon cheri 美しい日をありがとう悲しげなシャンソン 傷ついた小鳥すべてこうして 過ぎてゆくのさ Cest la vieパリの空の下で 二人は別れた je taime花
A rainy day without youずぶ濡れのジャケット天気予報は またはずれたよA funny way, I lost youよくあることさ信じていた愛は消えた冷たいしずく ショーウインドウ水たまり 走り去るタクシー濡れた手紙 うわさ話君は今ごろ 誰といるのA rainy day 光なくした胸に美しい虹はかからない出会いとさよならの間傘寄せあう恋人達急ぎ始めた人波と通り過ぎていくよ 夕
幻の森の奥で 寂しげな歌が聴こえるいつも夢で見る場所は深い緑をたたえた 泉のほとり伝説の古い城は ひっそりとたたずんでいる丘の上に懐かしい 君を見たそんな気がした 白いドレスの 美しい人スコットランドガール 君は妖精スコットランドガール 神秘の女神気高い愛に生きるスコットランドガール 心の貴族どうか僕を思い出して Dont let me down古い愛の亡霊が 窓をたたく夜が終わり朝焼けがこの世
濡れた水着の君が ビーチを歩けば見知らぬ奴らが 君の名前を聞きにくるDont leave me baby, Dont leave me darlin僕は彼氏じゃないけれど誰よりも 愛してたのさ ずっとずっと昔から手の届かない人さ だって君は、ほらヒット曲の中 描かれたブロンドのCalifornia GirlDont leave me baby, Dont leave
少し歩こうよ ジャラン ジャラン小川のわきの道を蒸せかえる 夏の午後サロンを巻いた 君は時々振り返っては ほほえむその仕草 まるでレゴンダンスしなやかな 君の動きが宇宙へと 広がってく美しい 君はバリニーズ市場で買った果物達ほおばれば 遠くからガムランの音がする緑の穂を 揺らす そよ風夏雲と 虫の声今はない 故里の景色片時も 忘れないよやさしさを 見つけた夏ありがとう テレマカシ・バニャ幸せを 探
君にしてあげられること ちっぽけなこと雨上がり 虹が出た時 一緒にいること幸せな時は ちょっとからかって寂しくなったなら 歌ってあげよう君にしてあげられること ちっぽけなこと日だまりで まどろむ君の 夢を守ること幸せな時は ちょっとからかって寂しくなったなら 歌ってあげよう君にしてあげられること 大切なこといつの日か 星になっても 君を愛すことずっと愛すこと