夕暮れ色 公園の隅でキミの隣 空はゆらりと揺れるふとした瞬間 うつむく仕草が何処か少し寂しげに笑うんだ戸惑う二人 この世界の真ん中で砂を蹴る度に 近づいて遠ざかるそんな風に僕たちの未来は繰り返すキミはキミのまま 思い切り泣けばいいいつかそうしてくれたように この手で包むよずっと隣でいるから 信じているから変わらない場所でそういつかは この空を飛べる無邪気だった 幼い頃を想う何か足りなくて 背伸びを