降り続く雨 ひとりで見失ってた気付けなければまだ虚しさに甘んじていたこの手を伸ばそう 振り返らないで君のそばにいたいそばにいさせてほしいあるがまま そのまま 生きてゆけるならきっとその手をとって どこまでも飛べるだろう君となら 彼方まで あるがままでそれぞれの真実 ぶつかりカオスになってく誰もが同じ涙流してるならこの手を伸ばして 分かちあえるだろういつも感じていたいこの手に刻まれてるぬくもりは 君
もうココはマンネリズムの極地だアイツの二番煎じはおいしいかい?飲んでみなくったって分かるさ不味くないけど旨くもないそんな奴らとあたしが同じな訳ないだろ吐き気がするあいつと一緒にするな あたしの不浄な心あなたは否定しないで 全て愛して愛して所詮あたしだって 不浄な心持ったってあなたに愛されたいと願う 9の位置ってことさそんなに死にたいなら 死ぬばいいさ誰かを殺すよりも幾分ましだよ存在価値ってなんなん
目をつぶったままで 耳をすましてごらん風たちは はしゃいで 宇宙(そら)を駆け抜ける僕の中 廻るリズム 君のと重ね合わせるとても嬉しそうだから 僕も嬉しくなるよ知らなかったのさ ひとりぼっちが好きだったこんなにも切ないけど こんなにも満ちてゆく抱きしめるよ この手で君を抱きしめるよ その手が僕を君との未来 続きがみたいのさどんな時も ツラナル ツラナル目をつぶらなくとも 耳をすまさなくとも悲しそう
恋とは予告もなしに突然やって来てあっという間もなく私の心奪い去られてたとても操りきれない彼を誘って真昼の街に繰り出そう夏休みは瞬く間に過ぎて行くって!そうと決まれば歯止めは効かないのさI cant stop心臓バクバク押さえながら 受話器に尋ねる「とっても嬉しい」と言ってくれた言葉で私の背中に羽が生えてきちゃったようです恋風を吹かせながらアメ村をぶらついて夢に描いてることより何千倍素敵なこと二人