運命に導かれた 出逢いだったうつむく君を振り向かせる 魔法かけ空を見上げてみて 瞬く星たちがそれぞれの光抱いて探し求めてる 胸の鍵を閉ざされた扉に 手を掛けて僕の声を 受け止めて少しずつ 重ね合い結ばれてゆく心の中で見つけた 小さな煌めき誰よりも大切にすると 誓いたいよひとつひとつの言葉で 惹かれあった温かく包み込むように 囁いて月明かりの下で 見つめ合う瞳に真実の姿 映し君には聴こえる 本当の声
刻まれた日々 振り返り懐かしいね、と 微笑んだ思い出たちは この胸で色褪せない いつまでも光り輝くよねぇ、覚えている? 出逢いの時を変わらないね 穢(けが)れの無い その眼差しは繋いだ手を離さない 結ばれた絆の糸かけがえない人 いつも笑って 隣りで明日(あす)への扉を開けて 新たな世界へ行こうこれからも君と二人で大切を 少しずつ 重ねよういつも笑顔の君だけど本当は弱さ 隠してる強がりばかり繰り返し