tiramisu – アイビーカラー

甘く甘く数ヶ月前まで普通に話して遊んで
一方通行の隙もないくらいだと思っていた
そんな君が今じゃ寄り添って甘えるものだから
男らしさの理想なんて忘れてしまっていた

私でいいの?僕でいいの?画面越し確かめるのは
怖いとか不安とかではなくて
文字の向こうで寝転がってニヤけてる君の姿が 夢じゃないと思えるから

甘くて少しほろ苦いとよく聞くけど苦味なんてなく
口当たりももう止まれない終わらないキスをしよう

甘く苦く月日が流れて デートの場所を決めるのも
連絡するのもなんかいつでもよくなってきて
誕生日のプレゼントはおたがいにお金もないし

「安いものなら別にいらない」と自分の都合ばかり押し付けていた

苦い苦いコーヒーを買って公園で肩も触れずに隣同士座りながら
重たい口を君が開いた「もう、好きじゃないかも」って
返したくても返す言葉がなかった

甘くて少しほろ苦い最後のあたりは苦いだけの
ティラミスみたいに僕の恋は終わりを迎えたんだ
約束だって直して欲しいと言われたとこだって
君の優しさに甘えちゃってごめんねに重さがなくなって
味も無くなって終わりを告げた