ゼリーフィッシュ — アイアンフリル

突然降りだした (天気雨)
やがて虹に変わるころ
新たな (季節に) 世界は (色づく)
夏のはじまりへ 駆けていく

臆病な言葉は (波の向こう)
さらわれて消えてしまえ (ハレーション)
何度も (失くして) 何度も (見つけて)
人を好きになるのって 不思議

このままサカナになって
海の中を泳ごう
君を思い描くたび
Ah 溺れそうなくらい
心が ぎゅうってなる

君と夏の太陽 (浴びて)
どこまでも深く (深く)
恋におちていく
泳ぎ疲れてみたくなる
君と夢の珊瑚礁 (抜けて)
始まりがゆらり (揺れる)
振り向いた笑顔
プリズムよりも綺麗
あと少しだけ (もう少しだけ)
近づいてみたいけれど
触れたら消えてしまう
恋するゼリーフィッシュ

真っ白なシャツ着た (君はまるで)
人魚のように素敵で (エモーション)
真珠の (ヒカリも) 花火の (派手さも)
君には 敵わないのだろう

ふたりでサカナになって
海の中泳ぎたい
想像した後先は
Ah 水しぶきのように
全てが シュワってなる

君と白い砂浜 (走る)
あこがれは遠く (遠く)
肌が焼けるたび
ジリジリ心焦れてゆく
君と香る潮風 (浴びて)
なびく髪ふわり (ふわる)
時を止めたくて
思わず息を止めた
波で遊んだ (子供のように)
無邪気になれない僕は
ただの友達のまま
恋するゼリーフィッシュ

君と夏の太陽 (浴びて)
どこまでも深く (深く)
恋におちていく
泳ぎ疲れてみたくなる
君と夢の珊瑚礁 (抜けて)
始まりがゆらり (揺れる)
振り向いた笑顔
プリズムよりも綺麗
あと少しだけ (もう少しだけ)
近づいてみたいけれど
触れたら消えてしまう
恋するゼリーフィッシュ