光る石ころ – わかないづみ

季節は流れ またひとつ重ね
かぞえうた忘れても 声のする方へ
悲しくて笑い 嬉しくて泣いた
この闇の向こう側に 光る石ころ見つけた

たとえ全てを失った夜でも
夢は見れるだろう
夜空の星の数 数えてりゃ
涙も乾くだろう

数え切れぬ さよなら抱えて
数え切れぬ ありがとうを胸に

真っ暗な道に 小さく光る
石ころを握りしめ 歩いていこう

たとえ全てを失った夜でも
夢は見れるだろう
夜空の星の数 数えてりゃ
涙も乾くだろう

数え切れぬ さよなら抱えて
数え切れぬ ありがとう胸に

シャボン玉見上げて君が見えたよ
空の向こう側に君が見えたよ