(Lonely Gravity) 真っ黒なパレットに散りばめた。光たち、その一つ、恋しげに回る。 流れ星と一緒に、どこか行きたい。いつまでここに居て、いつまでひとりきり。 数え切れない時が、過ぎたある日。キラリ、何か光った、ボクに、近付いてきた。加速度増してく、自転、忘れそう。 キミと目と目が合い、フラフラ、軌道がズレたような気がする。キミが大気圏に Diving Now 震えたボクのハート。 キミは引かれたのか