十三年彗星 – るぅと

慣れない言い訳をして 真夜中
明日は早起き出来る気がしなくて
夢と添い遂げるような
気怠い夜更けだ

見慣れない夜道へと 一人飛び出した
自転車のランプだけが 闇照らす
路地裏の影を抜け 曲がり角の先
少女の姿をした 光を見た

彗星が心に落ちた
胸を打ったのは感動だろうか それとも知らない言葉か
彗星(ほし)の尾が薄れる 少女も夜へ消え行き
瞬きに焼き付いたのは 眩い微笑みだけだった

記憶をなぞるように 全て投げ打った
貴方に逢う為の13年

彼方へと連れ去ってくれ
思い出の海に沈むならいっそ 遠い遠い空へ一緒に
あの日と変わらない 姿の貴方へと
伝えたい事があったのに その一つも言えやしなくて

不思議な夢を見ていたのか
止まっていたのは僕の方だったのか
伸ばした指のその先 消え行く彗星

彼方へと連れ去ってくれ
思い出の海に沈むならいっそ 遠い遠い空へ一緒に
13年かけてやっと 辿り着いた答え
一番大事なその一言「貴方に恋した」とさえ言えず