ジェスター – るぅと

笑え マイネームイズフール
ババ抜きのジョーカー
ああ悲しいや 成れないや ワンペアには
そうさ マイネームイズフール
誰も居なくなってしまったよ
なあ後悔の味はどうだい?
仕様もない

僕ら友達だろ?
なんて言えやしないや
一歩引いた定位置 きっと関係性は停止
どっちでも良い 並ばせてよ
君らどちらかの居場所を奪いたい 居たい
痛いくらい 食らいたい

心の故など知らないがどうやら
やけに塩気に塗れて食えない
混ざり切れなけりゃ
離れもできずに
一滴垂らした油が浮いてる

だから マイネームイズフール
僕のことを見て
ああ虚仮威し 褒めそやし 茶番にスポットライト
化かせ マイネームイズフール
さんざ眼下眩む アンダーグラウンド
奇天烈に踊り一人 道理 ロンリー

戯け道化 そこで頭垂れて
ワンツースリーでステップ
恐れ慄けよ エンド
なんてお寒い天丼
御退け御退け 惚け呆け
馬鹿にしないでミスター
欠落して根腐る ハイな怠惰飽いたライアー

好奇の故の興味など不条理だ
先祖も草葉の陰でゲラゲラ
全部さ気にしてるさ 全部さ響いてるさ
孤独とはこうも静かでさ

世界の創始者
そんなもの居るとしたら
きっとこの世の誰彼より
腕の立つような
名うてのペテンじゃないかな
ねえ、神様?

マイネームイズフール
見世物小屋だった
虚偽のユーフォリア 言う通りだ ユートピアじゃない
そうさ マイネームイズフール
誰も居なくなってしまったよ
なあ後悔の味はどうだい?
仕様もない

マイネームイズフール
僕のことを見て
ああ虚仮威し 褒めそやし 茶番にスポットライト
そうさ マイネームイズフール
眼前 判然なシャングリラ
もう二度と届きやしない
仕様もない

マイネームイズフール
鏡の奥見て
気付いちゃった 気付いちゃった 君は僕じゃない
そうさ マイネームイズフール
斯様 太陽無い退路
どうかきっと探さないでください