命をかけて守りぬく麗し騎士の存在理由鎧を脱いで闘っても傷つけられることなどない 忘却の方へ さらおうとするもの封印されるのは 許さない ひとりはみんなのためにあるみんなはひとりのために楯になれる 剣にもなれる誓おう 努力おしまない素顔の時も油断しないそうだ 勝負は嘘つかないフワリ シャツの胸が高鳴る裸足のルネサンス 強くあるため守ったのは感情の動きを消すことだった 燃えあがる情熱 ためらわないでいいこの世