あやふや – やらかしバスターズ(ラストアイドル)

僕たちを照らしている月明かりは 本物かどうかなんて
384,400キロ 離れてるのに怪しいね
先入観って奴は 都合いい方に決めつけようとするもの
ロマンティックは当てにならない妄想だってことさ

期待をするのはやめよう
後になってがっかりしたくない
なるようになればいいんだ
この世のすべては 確かなものじゃない

もう失うものなんて 何もないだろう
それが嘘でも真実でも…
全部 失ったところで 出会う前の僕たちさ
君をあやふやに愛してる

どこからか流れて来た雲が掛かって 満月が見えなくなった
さっきまで存在してたのに消えてしまった愛のようさ
美しい過去ばかりを思い出すのはただのセンチメンタル
月の裏側は知りたくもない真実かもしれない

想像したって無駄だよ
僕は何を信じてたんだろう
考えてもしょうがないんだ
そう 人の気持ちは満ちては欠けるもの

もう幻滅することは きっとないだろう
僕は期待をしてないから
そっと ため息を吐いたらリグレットも忘れられる
愛はあやふやなものなんだ

天体望遠鏡
覗いてみても真っ暗だ
探してた光なんてない
Ah 輝いてた未来とか
あそこに見えた僕たちの夢は
錯覚だったのか

もう失うものなんて 何もないだろう
それが嘘でも真実でも…
全部 失ったところで 出会う前の僕たちさ
君をあやふやに
愛してる

もう幻滅することは きっとないだろう
僕は期待をしてないから
そっと ため息を吐いたらリグレットも忘れられる
愛はあやふや

まだ愛してはいるけど ただの残像だ
君がいないのが現実
やがて 月は何事もなかったように昇るけど
僕をあやふやに惑わすだけ

Daybreak