「いちご白書」をもう一度 – やなわらばー

いつか君といった 映画がまた来る
授業を抜け出して 二人で出かけた
哀しい場面では 涙ぐんでた
素直な横顔が 今も恋しい

雨に破れかけた 街角のポスターに
過ぎ去った昔が 鮮やかによみがえる

君もみるだろうか「いちご白書」を
二人だけのメモリー どこかでもう一度

僕は無精ヒゲと 髪をのばして
学生集会へも 時々出かけた

就職が決って 髪を切ってきた時
もう若くないさと 君に言い訳したね

君もみるだろうか「いちご白書」を
二人だけのメモリー どこかでもう一度
二人だけのメモリー どこかでもう一度