color capsule – やなぎなぎ

数えきれない色の詰まった箱に砂をかけて
また会えるまで綺麗でいてね
冗談めかして笑う

ひとつずつ 褪せてゆく
記憶のパレット
人は忘れる

味気ない世界で見上げた空は
やけに遠く感じて
光も雨も降らない
一生分の孤独のよう

いちばん高い木に背を向けて3歩
今なら1歩で届いてしまうかな

ふいに薫った
懐かしい世界の香り
繋いでく 途切れた色の続き
虹のあふれる箱はまだ
少しあたたかいまま

色づく世界 揺れて
頬を伝ってく 触れるすべてを染めて
今 一際鮮やかに光る
君の姿 見つけた