木馬 – ももすももす

君が僕にくれた孤独を
愛して生きるしかないなら
僕はいつだってこの世界を
空き瓶の中へ戻したい

僕は電線裸足で渡る
道がどこにあるのか分からず

木馬はいつでも傷だらけ

悪いことばかりじゃなかったと
思ってたのは僕だけだった
知りたくはなかったけど
僕たちの背骨蝕む憂き目など

何年以上前のことだって
君を未だに悲しませるし 海も街も瞳も
モニトールだって泡だらけ

人の卑しさまで
全てを好きなふりしては生きれないね
君が愛していた神様も
鉄の塊になった

僕はそれを切なく思って
君に嘘をつくのを辞めた
白波で遊ぶのもおしまい
星溶けた水を夜に注ぐ

あの時僕が泣いていたなら
君はどんな顔で喜ぶの

木馬は涙を流せない

真夜中は白雲匿って
夜鷹も空も同じ色だった
みなしごは緩いサイダーを飲む
甘いリキュール

悲しいことがたくさんある君の近くで明日も苦しみたい
でも生憎僕らは袖足らず今日も水辺りを仰ぐその飛沫で計算誤る

君が僕にくれた孤独を
愛して生きるしかないなら
木馬に電気が通る日は
二度と来ないかもしれないね

木馬の足には腕時計
愛せるものは一つもない
夢の夢の中に溺れた
吐息の気配を夢見てる

今はぼろぼろで亀裂すらない
頬を濡らす夜を砕いて
僕はいつだってこの世界を
空き瓶の中へ戻したい

君と電線裸足で渡る
道がどこにあるのか分からず

その雨降り続く部屋の
錆びた蛍光灯の匂い
僕らはいつでも傷だらけ