三億年後に会いましょう – むぎ(猫)

もうここには長く居られないと
ため息を混ぜて君が呟く
僕は側で言葉を探すけれど
汚れた君の手をただ握ってた

始まりから終わりに気付いていた
行き場のないこの部屋は苦しいね
夜の空に潜る君と別れ
僕はここに残ると決めたから

「さよなら」は言わないよ
プラスチックの海も 燃える山も
全部捨てて 全部捨てて

明日人類は初めて木星を目指すよ
重力を失った涙はもうこぼれない
悲しい出来事は全部この星に残して
発射のボタンは僕が押すのさ

「三億年後にまた会いましょう」

晴れない空に咲く花はもう無いさ
今なら悲しい夢でも笑える
願いをかけた星が落ちてきても
夜が明けたらまた歌えるだろう

優しい嘘 いらないよ
コンクリートのヒビに沈む月も
全部捨てて 全部捨てて

明日人類は初めて木星を目指すよ
重力を失った涙はもうこぼれない
悲しい出来事は全部この星に残して
発射のボタンは僕が押すのさ

「三億年後にまた会いましょう」