胸の奥に思い出の花ひとつ決して色あせずゆれている楽しかった遠い日 ほら 咲かそう青空のまぶしさを せつなく思う日は優しい気持ちさえ悲しみに染まる気がする突然の出来事に とまどい隠せずに落ち込むことばかり増えていく そんな毎日ため息がこぼれてく弱いわたしキライよあの人の微笑みをきっと取り戻そう花の香り勇気をわけてくれる引かれ合うふたり もう二度と離さないで強い絆胸の奥に思い出の花ひとつ決して色あせず