乙女の声は天津風 – みゆな

舞い降りて
やがて私は舞い上がる
燃え盛る光が滴れば
体を奪って歌い出す

私を伝う指先が
真っ赤に頬を濡らしたら
一人きり貴方を奪って
独り占め私を奪って

私を伝う指先が
真っ赤に頬を濡らしたら
一人きり貴方を奪って
独り占め私を奪って
一人きり貴方を奪って
独り占め私を奪って

止まない雨に
夜空は深く落ちる
最寄りの銀河で一休み
私の宇宙で恋をして
ご飯を食べたら帰りましょう
夢中で一緒に眠りましょう
朝日が産んだ目覚めと素肌
お祭り騒ぎの月曜日
賑わう大通り
汗ばむ調子で
踊り明かしてみてはいかが?

舞い降りて
やがて私は舞い上がる
燃え盛る光が滴れば
体を奪って歌い出す
奪って歌い出す
奪って歌い出す

私を伝う指先が
真っ赤に頬を濡らしたら
一人きり貴方を奪って
独り占め私を奪って

私を伝う指先が
真っ赤に頬を濡らしたら
一人きり貴方を奪って
独り占め私を奪って
一人きり貴方を奪って
独り占め私を奪って

舞い降りて
やがて私は舞い上がる
燃え盛る光が滴れば
体を奪って歌い出す

コメントを残す