もう ダメな自分を隠さないでいま 僕の全部 いつかの自分が 咲くための瞬間いつからか 傷つくのが怖くなって夢の続きを諦めていた夕日に染まる タメ息の数だって知らないふりして なりたくない自分演じてる“ね どうせ朽ちるなら かっこつけたりしないで誰かが送る視線なんて 気にするな”リアリティ もっと 感じていようよいま 僕の全部 いつかの自分が咲くため だって傷つくばかりだっていい 失ってもいいたった
はじめて一緒に帰った あの夕暮れみたいなオレンジの空 思い出す臆病な背中を そっと押すように笑いかけてくれたね同じ空 繋がってるかな続く未来 この町で 描いてくよ届け 響け キミを照らす光になれキミが教えてくれた たからものいつも 側で あたしを強くしてくれる一瞬だって構わない きらめき 咲かせたい似た者同士だから ぶつかることもあればすれ違う日もあるよねほんとは知ってるよ キミの優しさ本音でいて
きみにワルツ 繋ぐメロディー星が眠る五線譜で ね 答えて廻る地球の「真ん中」見当たらなくたって「きみがいる場所」は いつだって探し出せるのはぼくの心 きみを中心に公転してるからもしも 涙が溢れる夜が来たら星を見上げてしまえば 願いに変わるきみにワルツ 繋ぐメロディー星が眠る五線譜に 続く未来はきみがくれたの ひとりじゃないソラどんな高級な夢よりたった一瞬だって ねその笑顔が 最高のギフトくしゃくし
どうしたって敵わないものだってきみとなら 救えるんだ世界の歯車さえ 自由を象る躊躇などいらない リライミライハズレの未来籤を 諦めきれずに握りしめた 街角を背に脱ぎ捨てたはずだった 過去が渦巻いて疑ウって 同時に 信ジタイ証銃声に消えた 願いを照らせどうしたって敵わないものだってきみとなら 救えるんだ世界の歯車さえ 自由を象る躊躇などいらない もう絶対迷わない昨日の残影は いつしか今日の友へと 変
少女は笑った きみの瞳に映る黒はあたしの白かもしれないそれなのに今日も 幸福の承認は自分の物差しじゃ 駄目らしい正解などない 滲んだ空を見上げた与えられる明日などない今1,2,3set4you5ight汗食らって 涙吸って天井を刺す月へダイブjump jump higher6,7,8and 泣9てもピンクの靴ひも結んで立ち上がって never say never少女のままじゃ まだ終われないから旅
「じゃあ、またね」って今日も僕ら手を振るんだけれどいつもと違う今日が訪れているんだよねもうすぐ四月がくればまた校舎の裏でふざけたきみに会える気がしてしまう 今でも海ではしゃいだりコートで大声で笑いあったり数え切れない宝物を教えてくれたよねありがとう きみがいたから今日まで笑ってこれたんだ強くいられたんだ旅立つきみの背中を忘れないずっと そうずっと 僕らの憧れありがとう この場所じゃいつだって一人じ
青い鳥 探してた この小さな星で(せかい)きみと出逢う 何億分の確率(きせき)を重ね 羽ばたく無邪気な声 鳥かごの中じゃあの天井だけが 空と信じてここから一歩 外に出ることなど疑うこともなく しないままだった大人になって 羽 衰えた頃本当の 空の在り処を 知るんだ青い鳥 探してた この小さな星で(せかい)きみと出逢う 何億分の確率(きせき)を重ねてどれくらい あとどれくらい夢を数えてくかな?きみの
“ほったらかしちゃってさ、もう知らないから”なんて 夢の中じゃ 強がってみるけど思えば 繰り返す日々きみからメールくれた朝なんて ちっとも思い当たらないなあずっとずっと 一緒にいたいけど傍にいたって 寂しさ募るばかりわずか1メートルたぶんそんなくらいの距離をどうしても埋められない会えば会うほど 知れば知るほど好きになってく ぼくだけやっぱり 今日も きみに片想いきみからの返事ひとつ 貰いたくってま
だいすきだよ 溢れ出すよ もしも叶うのならきみと この想い 1/2ぶんこ 出来たらいいのになふいに気付いた きみの横顔ばっか見てる「…きみは知らない」目立ちたがり屋 苦手なタイプ「…好きになんてなるはずなかったのに」満月の夜 ふたりぼっちの夢をみたドウシテカナ キミハ泣イテタ?きみが笑顔失ったら ぼくが探す だから見つけて この想い 1/2ぶんも 云えないきみの涙 暗い闇も どんな傷みだってどうか
Kiss! Kiss! 新しい未来へとen! joy! 1,2の3で歌えHi! Touch! 恐れるものなどないさ晴レ晴レファンファーレ渡る石橋は どうやら味見できないみたい一度きりのループ 出口はないけど君にあげたくて“特別”を探す日々森の奥へ行進 白い鳥を追う幸福を開く パスワードは案外 ほらね 隣り合わせの 平凡かもKiss! Kiss! 新しい未来へとen! joy! 1,2の3で歌え上昇
『チョコレートを召し上がれ恋の味のキューピッド』徹夜で作った 上級者レシピいよいよ本番です今日は ハッピーバレンタイン「恋とはいったい…」Enter [検索]今度は「好き」って何?ってなって無限のループハートのデコレーション可愛すぎるかな「気付いて欲しいくせ バレたくない…」似合わない恋 勇気をくださいチョチョチョチョコレイ!チョコレート革命よちょこっとの 願い込めて本命は 貴方の お口のガールフ
滑り台にもたれながら推理小説を読んでたって頭に巡るのは 結末より電車の時間謎解きゲーム敗北して悔しい!のも束の間で10分後にはもう お腹空いた…が優先事項白黒つけたいのに 心は単純じゃない案外 其れも素晴らしいぐらぐら 凸凹道が ぼくらのパレードチャチャチャ チャチャノチャッチャ無茶苦茶だって 夢中になってチュチュチュ チュチュチューニング忠告なんて 宙にばいばいなくなくない 0なんてことないしあ
“バイバイさよなら” なんて“もっと一緒にいたい” の同意語なの 察してよね同じくらい好きが 欲しいわけじゃないほんのちょっと 人より好きでいて欲しいだけ素直でいたら 良い子すぎるんでしょ嘘ついたら 可愛くないんでしょ?気まぐれのきみが世界の中心あたしをダメにする背伸びした ハイヒールだって空回って 一方通行ドキドキして 疲れちゃって…これが恋の罠です?きみのせいだよ天手古舞 てんてこ舞う 心てん
スキもキライも噂話か昨日見た夢世界はそうやって組み立てられ 君がそこにいたジョーカーも今じゃ ババに成り下がる十数年の理屈で歩く証明していつか いつかボクの事を尖ったナイフを突き立てて「そんな痛いはこの夢にいらないよ」ハローグッバイボクに向けられた銃声終わりのない バーチャリアリティーで「もしも王様になれたら」どんなに疎まれた声で叫んでいたってボクはきっと君のレプリカ反射してくる自分の声まるで透明
きみに染まるキャンディ捲るページの中 重ねてふたりひとつに 奏でてみたい台本通りの青春じゃ青春とは呼べなくてぼくの理想は少し違ってたけどきみがいることで 甘く溶け出した風景制服の下 ひみつの眼差しだれにも見せない 優しいフレーバー「あのね きみに訊いて欲しい」もう隠せない 広がってく好きという名の鼓動 捲るハートの奥水玉模様したナミダに包まれ魔法解けてしまう?だけどもう白紙には戻せないきみがくれた
夢を見た 夢を見たそれを紙に描いた小さなクレヨンで描いた空を塗って白い綿で雲を縫った夢を描いた 夢を描いたクレヨンで描いたこんな風になりたいの未来画を掲げたってずっと未完成のままでどうせダメだって泣き疲れた坊や絵を捨ててしまった描いた空ひび割れてもかき集めた雲千切れてもその絵を濡らしたりしないで散々でした、もう嫌。って残念でした、もう辛い。って―ただ逃げてた夢を裂いた 夢を裂いたそれを雨に流した黒
ミッディきみはまだ覚えてる?午前12時の空 忘れないまるで初めてだったぼくの夢を本気な顔で『ぜったい大丈夫』って言うんだあのね なんだか可笑しくってふいに笑っちゃったよほんとは すごく嬉しかったどうして傍に来てくれるの?ぼくは何も特別じゃないでも理由を聞く意味なんてないくらいぼくら 笑ってたミッディきみが教えてくれた名もない 意味ない 願いなんてない明日の鐘は 走る勇者に鳴るっていつもきみは笑って
真っ赤な目をして 叫んだここへ来て愛がなくちゃ 死んじゃう奏でる RABBIT ねえ?“how d ye do?”ルールばっか ループした月から 降りて来たの“Nice to meet you”この地球に辿り着いてあなたに出逢ったからもう寂しくなかったあの月は寒くて まるで誰もいない砂漠自分の自由ばかり可愛がっちゃ心 すっ空からん真っ赤なハートを 探した どうしてよ忘れらんない 幻想残していかな
ごめんね キミが思うほどイイ娘じゃないけど強がり 意地っ張りどれも 好きな証ハナレバナレ もどかしいわ素直になりたいだけMr. DarlingMiss U ダーリンなんだか胸が刺さって痛いのそうやってほら優しくするくせに届かない 云えないwanna UMr.DarlingMe愛Fallingどうして?側にいさせてよいつだってキミだったんだ気付いてたよPlease kiss me OnceMr. Darling
いつもと変わらない夏なのにキミばかりを探してる 僕がいたんだ校舎の人混みの中 すれ違う度胸がきゅんと狭くなる友達のふりをして ごまかしたゆれる孤独 隣にいるほどに 遠いキミ10年100年先だって だれより キミが好き言葉にならない想いは いつも単純だった10回100回 何万回 会ったって足りないちっぽけな僕の大恋愛 キミは知らないほんの些細な優しさだけでいつでも僕のハートを鳴らすキミがいるだけど 
キミは 鏡の奥 遠い夢に 飛び込んだもうひとりのアタシキミは いつも 出来ない自分を責めては 部屋で 朝まで泣いてた“まるで1しか出ないサイコロみたいうまく進めないくせ 躓いてばっか”ずっと ほんとは自信なんてないいつでも走れるほど 強くなんてないキミだったI cannot SAY YOU “everything gonna bealright”, But I wanna SAY YOU “Believe
例えば 世界が「時」を捨てるみんな 笑う? それとも 泣く 泣く?例えば 世界に「ゴール」がつくさすれば 全て満たされ 幸せになれるの?守りたい自分を 守りきる為にニセモノ鏡で ほら創り出した 心はただ強がってるだけ 理由が欲しいだけダメだな だってこれじゃ 変われずにいるまま未来なんて どうせ叶わないものだらけって傷つけて 傷つけられて 壊れそうになった願いそれでも もがいてる 捨てきれない感情
ひらりひらりキミという名の花に出逢えたかっこ悪いくらい 愛しているMy wings are made to find you.Butterflyどれだけ離れていても 瞳を閉じれば浮かぶキミが口ずさんだメロディー 心を締め付けるよキミに聴かせたい言葉カタチに出来たならうまく愛せる?大人になれる?ちっぽけなあたしだけど 守りたいひらりひらりキミという名の花に出逢えたかっこ悪いくらい愛してしまう嘘もぜん
泣き疲れてしゃがみ込む「こんなはずじゃなかった」静かな夜 窓を開けたら誰かの歌が聴こえてラララシャララ…そんなことでまた泣けちゃう 僕はどうかしてる?欲しいモノなんて ホントは見えなくて例えば願いひとつも曖昧だ頑張れって言わないで だって人間だものいつでも走れる訳じゃない何度も尋ねてみる 自分の胸に “Am I Ready?”やがて時は廻って また太陽が昇る眩しい光は優しかった 嬉しくて口ずさむ…
ね 好きなの 気付いてたたぶんキミに恋してるちっぽけで 弱虫な センチメンタルラブ会いたい。 って思う瞬間がいつからか溢れるようになってでもこのキモチ認めたくはなかっただって君があたしのこと見てないことくらい分かるから傷つくのが怖くて わざと冷たくしてしまうんだでもほんとは 臆病なあたしに今すぐ 気付いてほしいよね 好きなの 気付いてたたぶんキミに恋してるキモチ伝えたいのに センチメンタル 邪魔し