この道を行くだけ 地図とパンとピッケル狭霧深き岩の道を 歩き続けてここに来た幾たびも迷った ある時は立ち尽くし途方にくれ絶望 でも友だちがそばにいた 泣き笑い悲しみ また喜び歩くそれでもなおたどり着かぬ それを人生と人は呼ぶ千切れ雲のドラマよ 蒼き空をさすらって満天の星月夜 生きているのが分かるだろう 道程ははるかに 神の峰に続いてる旅立ちのときは今 青春はまだ終わらない
春に愛が芽ばえ夏の青空に咲いた秋に花びらは散って冬は涙も凍った花は巡り 人は巡りそしていつかまた春が来る花は巡り 人は巡り愛する人にまた巡り会うだろう 花の便りが来た一人ぼっちの部屋にも元気いっぱいの緑心洗われていく花は巡り 人は巡りそしていつかまた春が来る花は巡り 人は巡り愛する人にまた巡り会うだろう 山に花が咲いた空に手を伸ばすように昨日洋服を買った明日旅に出て行く花は巡り 人は巡りそしていつかま
誰もこの道を通さないという雨も風も岩も怒ったように立ちはだかっているだけどこの俺は 行かなくちゃならないなんのためなのか 分からないけれど行かなくちゃならない やりたいことは残さずやったか友だちはいるか 安らぎはあるか 人を愛したか夢のカケラはポケットの中で迷子になったか髪は白くなり道は果てしなく たのむから俺がどこにいるのやら神様よちょっと教えておくれ人生はどこだもう少しだけ歩いて行けたなら光るいた
ウィスキーの小瓶を口に運びながら涙と思い出を肴にして酔いつぶれてしまいたいなどと思っているこの僕を貴女が見たら子供のようだときっと僕を笑うでしょうねわかっていながら飲む男の気持ちなど貴女は知りもせず 列車の窓に僕の顔が写るなんてみじめな姿なんだろう戯れだと思っていた恋に打ちのめされてしまうなんてこうして誰もが大人になってゆくそんな話をどこかで聞いたっけ人間同士の辛い別れという劇を僕が演じている こうし
雨に降られてしかたないからお茶を飲んだの 駅前の店で思いがけないこともあるのねここであなたと遇うなんてもう何年になるかしら別れてからねえ 眩しそうにみるのはやめてよあの日の出逢いも はげしい雨ね夢のつづきに いるみたい 雨がやんだらすぐに帰るわ別にいそいだ用事もないけれどだめよお酒を飲みにゆくなんて世間話はここでしましょう あのアパートはとっくに引っ越したわそうね 一人歩きの似合うのが悲しいきっとはげ
いのちが産まれた海の 優しい家族のドラマ君の涙 君の勇気君の瞳が見つめてる夢のカケラを 手放さないでしあわせ行きの 切符だから未来行きの 列車が来たら涙をふいて 飛び乗ろう 地球に生きてる限り みんなで一つの家族見つめ合って 認め合って励まし合って 歩こうよ夢のカケラを 手放さないでしあわせ行きの 切符だから未来行きの 列車が来たら涙をふいて 飛び乗ろう 雨あがりは 虹だから君の涙もいつか虹のような星
遥か彼方の海を 君は見つめていた空と海がひとつにとけて憧れにつづく場所を時代は風のたわむれに漂い夢は幾度も 波間にくずれたされど君の瞳の海よ 青く青く輝け むかし戦があった さとうきびの丘で夢があるなら 少年よ急げ年老いてしまわぬうちに時代は風のたわむれにただよい夢は幾度も 波間にくずれたされど君の瞳の海よ 青く青く輝け 時代は風のたわむれにただよい夢は幾度も 波間にくずれたされど君の瞳の海よ 青く青
ポケットに夏の砂が遠い海の匂いを運ぶよ一つまみの光る太陽けむるように こぼれて落ちたよ時を忘れた あの頃の二人君と僕 そして夏の海今はもう涙の中透き通る風の色 ポケットの夏の日々は風の中にこぼれて消えたよ一つまみの悲しみさえ君もいつか 僕も忘れるだろそっとさよなら 僕の夏の日々よ戸惑いと愛と苦さと優しさの中でいつか暮れてゆく青春 そっとさよなら 僕の夏の日々よ戸惑いと愛と苦さと優しさの中でいつか暮れて
バスを降りた僕の故里 夏の草に覆われ老いた父母迎えてくれた 庭に赤いほうずき積もる話のひだに わずかの酒がしみたのかひじを枕に老いた父は 軽いいびきをたててる 幼馴染みが訪ねて来て 昔の僕の部屋でパズルみたいに 思い出の糸たぐり寄せてはつなぐ時の流れに任せて ずいぶん遠くに来たものだあの日抱いた熱い望みは 茂る夏草にまぎれて 明日の朝はバスに揺られて 故里を出て行く父や母や愛する友を 捨てて行くのはな
とうもろこし畑を 乾いた風が吹き抜けて夏はゆく 愛を置き去りに燃えた後の灰のような 寂しすぎる心の中に目を閉じれば白い波が 音をたてて押し寄せる強すぎる光で 君の笑顔が泣いてるように見える 渚の写真 カレンダーをめくれば そこはもう秋歩き出そう顔を上げ 明日を見つめ燃えた夏のあつい砂が 胸の中で冷たくなれば君もやはり 小麦色に焼けた素肌も色あせてピンで止めた君の 写真がいつか丸くめくれていたのに 気