誰かさんが 誰かさんが 誰かさんが みつけたちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた めかくし鬼さん 手のなる方へすましたお耳に かすかにしみたよんでる口笛 もずの声 ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた 誰かさんが 誰かさんが 誰かさんが みつけたちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた お部屋は北向き くもりのガラスうつろな目の色 とかしたミルクわずかなすきから 秋の風 ちいさい秋 ちい
遠い野道をただ 馬車は過ぎて行く冬の静かな夜 森は今眠る 時は巡り 町の空に 光あふれる朝はつばめたちが呼びかけるよ 花の季節が来たと 暗い野道をただ 馬車で今日もゆくゆれるランプの灯に 結ぶ旅の夢 時は巡り 町の空に 光あふれる朝はつばめたちが呼びかけるよ 花の季節が来たと 重なる生命をただ 馬車はのせて走る刻む轍のように 終わらない旅の夢 時は巡り 町の空に 光あふれる朝はつばめたちが呼びかけるよ 花の
待てど 暮らせどこぬひとを宵待草の やるせなさ こよいは月も出ぬそうな 暮れて 河原に星一つ宵待草の 花の露 更けては風も泣くそうな
秋の夕日に 照る山紅葉濃いも薄いも 数ある中に 松をいろどる 楓や蔦は山のふもとの 裾模様 渓の流に 散り浮く紅葉波にゆられて 離れて寄って 赤や黄色の 色様々に水の上にも 織る錦
GONSHAN GONSHAN どこへゆく赤いお墓の ひがんばなきょうも手折りに 来たわいな GONSHAN GONSHAN 何本か地には七本 血のようにちょうど あの児の 年のかず GONSHAN GONSHAN 気をつけなひとつ摘んでも 日は真昼ひとつ後から また開く GONSHAN GONSHAN なし泣くろいつまで取っても ひがんばな恐や 赤しや まだ七つ
ささの葉さらさらのきばにゆれるお星さまきらきら金銀砂子(きんぎんすなご) 五色(ごしき)のたんざくわたしがかいたお星さまきらきら空からみてる
こんこん こんこん ふれふれ 雪ずんずん ずんずん 積もれよ 雪 声なき リズムにのりゆかいに おどりながら ふれふれ いつまでもふれふれ 屋根までも こんこん こんこん ふれふれ 雪ずんずん ずんずん 積もれよ 雪 みんなみんな 手を取りあいきれいな ダンスをして ふれふれ いつまでもふれふれ 屋根までも
うさぎ うさぎ なに見てはねる十五夜お月さま 見てはねる
おおきなのっぽの古時計おじいさんの時計百年 いつも動いていたご自慢の時計さ おじいさんの 生まれた朝に買ってきた時計さいまは もう動かない その時計 何でも知ってる 古時計おじいさんの 時計きれいな花嫁やってきたその日も動いてた うれしいことも 悲しいこともみな知ってる 時計さいまは もう動かない その時計 百年 休まずにチク タク チク タクおじいさんと 一緒にチク タク チク タクいまは もう動かない
さくら さくら弥生の空は 見渡すかぎり霞か雲か 匂いぞ出ずるいざや いざや 見にゆかん さくら さくら野山も里も 見わたす限りかすみか雲か 朝日ににおうさくら さくら 花かざり