満月の花 – みずき舞

鏡月(かがみづき)にふれたくて 川に枝垂(しだ)れる夜桜は
冷たい水に 濡れて散っても 思い叶えばそれでいい
恋の怖(こわ)さ 知らないで 流れてきえた いちりんは
火の粉のような くれないの 天竺牡丹(てんじくぼたん)になりました
チルチルチルル チルチルル 咲いて散る
チルチルチルル チルチルル 満月の花
生まれ変わった わたしの命
後生一生(ごしょういっしょう) 恋のため

涙なんかこぼさない 天(そら)を見上げる曼殊沙華(まんじゅしゃか)
季節が変わり 風に散っても 思い叶えばそれでいい
冬の寒さ 知りながら どうにもならず ついてきた
春咲くはずの紅椿(べにつばき) ここで咲きます雪ん中
チルチルチルル チルチルル 咲いて散る
チルチルチルル チルチルル 満月の夜
覚悟を決めて おんなの命
次の世までも 恋のため

チルチルチルル チルチルル 咲いて散る
チルチルチルル チルチルル 満月の花
生まれ変わった おんなの命
後生一生 恋のため