最初から分かっていたはずなのにいつからか自分の居場所に思えて泣きながら「会いたい」って甘えるのも私にだけ。って信じていたかったの 君の笑顔も泣き顔も1番近くで見てきたのは私なのに君の瞳に映っているのが私じゃないの耐えられなくて 君がくれた「ずっと」って言葉を信じてここまで会えなくても寂しくてもふたりで支え合ってきたのに距離以上に心が離れたのはいつからだろう私のせいかな?ごめんね、癒しになれなかったね 気
ねぇ、なにかあったの?暗い顔ばかりねぇ、僕にはなんだって吐き出してみてよ 涙がこぼれたなら 僕が拭き取るから 強がらなくてもいいありのままの君を愛してるよいつでもそばにいるよそう、大丈夫だよ ねぇ、なにかあったの?下ばかり見てさねぇ、僕のことだけはさいつでも頼って 辛くて苦しいなら僕が支えるから 強がらなくてもいいありのままの君を愛してるよいつでも君の味方だよそう、大丈夫だよ 僕は君の笑顔に救われたよ君の魅力
君はみんなの人気者だし話せる日が来るなんて思ってなかったいつの日か君の電話の誘いを待つのが日課になってしまっていたの でも、君のストーリーには他の子がいて期待してた自分がばかみたいでそのたび考えすぎてしまって何も手につかなくなるの 気づいたらこんなに君のこと好きだったのでも伝えたら君は笑うから今のままで十分だから伝わらなくてもいいでも好きでいていいですか? 話し方も恋愛の価値観もそっくりで全部、全部分か