初めてなんだ この苦しさ出来るなら 逃げて忘れたい出逢わなければ よかったなんて思ってるのが すごく惨めで会いたいって気持ち溢れてどこでもいるはずのない君を探してしまう後悔したくない 君の側にいたいこの唄に全て乗せて 届けるよ好きなのに 言えなくて遠ざかる君を見てるだけ弱虫な自分を壊したくて止まらない この想いちっぽけな勇気振り絞り今伝えるよ 君が好きです自信がないんだ もう少しだけ強くなりたい 
戻ることのできない 過去を悔やんでいるなら変えることのできる未来と 本気で向き合おうどんなことが待っていても 変わらない確かな気持ち目に見える姿 それは努力の証ずっと ずっと 痛いのにどうしてそれでも諦められない 心に決めた道を進むんだ走って 走って 走って どこまでも君の未来はいつだって 自分の手の中にある届け このメロディー 翼に変われ走って 走って 走って いつまでも弱さばかり気づくのは 強
何度も問いかけた自問自答繰り返した先に答えがあるのならこのまま探してみようかあなたの未来図に私は少しでもいれたかなあなたのいない世界は想像さえつかなかったもしもあなたがあの子を選んだ瞬間に私が頭の中駆け巡っていたのなら悔しいなこんなにもあなたのこと好きになってしまう前に せめてささよならの言葉告げて欲しかったなんて勝手でワガママだよね誰より想ってるのにあなたを世界で 1番笑顔に変えられる人はきっと
出逢いは友達からの紹介でたまたま目が合った瞬間それは一目惚れだったこんな気持ち初めてだった初対面で緊張してるし言葉も上手く出てきやしないしだけどずっと頭の中君のことで一杯だったたまたま仕事で東京行くついでに地元の友達に会いたくなったけん電話して呼ばれた居酒屋にあなたも呼ばれとって普通にちょっとタイプの塩顔でこっち見とるから照れくさくなってとっさにそっぽ向いたんよ正直またすぐ会えると思ってた帰りたく
素っ気なくてクールな貴方はいつだって無口それに比べてアタシなんか世間でうるさい部類だしな寝る前に少しだけ貴方の声が聞きたくて電話してみたって3分も経ったら「おやすみ」THE END女の子だから いつだって確かめ合いたいのたとえ貴方がアタシを好きだとしても聞き飽きちゃうくらいの愛を伝えて欲しいのたまに照れながら言ってくれる「好きだよ」のせいでまた求めてお願いしてしまうの記念日はプレゼント欲しいわけじ