光芒 – まなつ

日暮れを待っていた 地図もしまって
歩いた 知らない街を
色をつけてく 嬉しかった言葉に

雨に唄った 過ぎた夏を知った
頼りない自販機の灯りで
今はすべてを ゆるして眠ろう

街角 風はなくても
どうせ朝は来るんだろう
飽きを知らずに 先を聞かずに
辿り着いた 春の日

愛していたんだ 目を凝らすほどに不確かで
懐かしんでる暇もないくらい騒がしい日々の中
涙をのんだ 手のひらで夜を隠すように
俯いたまま 大切に抱えた 美しい日々よ

変わってゆくんだ あの頃はって言うなよ
もう 僕は いかなくちゃ
それでも最後まで 手を振るんだ

この目で見る景色は
もう 夢じゃないんだよ
誰も奪えない なにも終わらない
こころを 晒していく

愛していたんだ 目を凝らす程に眩しくて
懐かしんでる 暇もないくらい騒がしい 明日を

笑っててほしいんだ あなたには
夜を照らす様に
俯いたまま 大切に抱えた
美しい日々よ
形を変えてゆく 光よ