意味ありげなことばっかするのに意味は特になかったとか言うんだよいいからおいでって 誤魔化す君も 誤魔化されちゃう私もお互い大概だね体温が 1人分の今夜は コートを重ね汗をかくまで走ろう君のことよく知らないけどやっとそれでいいと思えたわからない時の苦しさが恋のドキドキと似てたから君のことよく知らないけど理解してたつもりの先で知れないこともあると知れたまた新しく好きを知れた 気がした甘えたら突き放して
いいも悪いもない相性に委ねて揺られるのきれいな球体目指して眉間を膝でなでるようにうずくまるぶつかる不便なトゲトゲ欠落している穴ぼこならしてくならしてくいいも悪いもない相性に委ねて揺られるの凸凹は長所であり短所であると時として足枷ともなり得るんだと良い加減抜け出そうか?運試しのような世渡りから無難目指し仮面かぶってまん丸になろう誰とでもうまくやって丸く収めようそれがきっと 多分きっとベターなんだろう
誰にも言い出せないの なんだかかっこ悪いような気がしてお気に入りのノートに書き出してみるの 自分のありったけの想い憧れにはほど遠くて 全てが遅いような気がして自分に嫌気がさして 逃げ出したくなるけれど信じられるのはただ一人 私だけ一歩だけ 一歩だけ 踏み出してみるのただ一歩 ただ一歩一歩 今は一歩ずつ今一歩 この一歩を積み重ねて動き出す私 開けてく世界 生み出すは希望 叶えるの夢本当は真面目なんか
三角形ABCにおいてこうこうこうこうであることを 証明せよ型にはめられたように使う公式を見つけてくれた人 私知らない『お願いはなまるちょうだい』走って駆け寄った先生がくれる褒め言葉使い回しだと気付いてたなら正義を見破れたのかも『自分の意見を持ちなさい』なんて 言ってる誰かの考えを分析してからノートにまとめて 私の解答できましたにじみでている yes or no 伺う作業に慣れました微分積分いい気分
ねえその歌に君のその歌にアンサーソングをつくりたいけどつくれはするけど答えようにも答えられないだって私じゃないでしょうその歌の君のその歌のいじらしい人2つ前の春耳元できいた5弦のハーモニクスまだぐるぐるもうタイムリー に生きる他仕方ないのです交代制 マイムマイムを踊るようにそうタイムリー 時とともにスライドしてく結局無理 1番であり続けるなんて盛者必衰桜も散る世の常折れた枝を握り立ち尽くすしがみつ
アポストロフィsが彷徨うアポストロフィsが彷徨うアポストロフィsが彷徨う 彷徨う 彷徨うアポストロフィsが彷徨うアポストロフィsが彷徨う だれかのものになってみたいと 叫んだアポストロフィsが彷徨う あなたのものになりたいとは 言えなくて路上で聞いた失恋バラードも すれ違っていく2人のラブコメも私よりはましだって 悲劇のヒロインぶって しまいたくなってさ だってアポストロフィsが彷徨う 認めること
ハートマークの心あなたが触れて褒めてくれて取り戻せたのいびつな棘のバリア好きだと言ってくれるたびにポロポロ落ちた都会でみつけた吸い込まれそうな空左ポケットの音楽は小さなボリュームで耳を寄せ合う 影を寄せ合う地球から浮き足立つゼログラビティのキス空の青に吸い込まれないようにその腕の中ギュッとかくまってきつく抱きしめ合えたらはぐれることもない無邪気に話した2人の夢はゆっくり叶えていこう鏡の奥は唯一自分
1人の時間も大事ってちゃんとわかってるけど奥底の方ではたぶんわかってないんだなこんなこと伝えられないしとっても野暮だけど会えるなら毎日でも会いに行きたいんだよコンディションはSoSoセルフマッサージ起きて早々しちゃったトキメキはときたまうっとうしいイリュージョンもってかれちゃうな美化されちゃって大変です濃すぎる恋のフィルターです君が歩くとラメラメが舞うキラキラリだめだめまぶしい美化されたくて大変で
僕たちムードなんてあってないようなものじゃん って笑ってた君といつぶりのDVDじゃない映画館でみる映画デート涼めるからって理由で説得されてくれたけど それもそれでサンダルに覗く お揃いのアンクレットで 思い出したのは多分もっと 今よりもっと ちゃんと愛してくれてた頃フリーズドライpleaseフリーズしないピーク効きすぎたクーラー 膝掛けの下 繋いだ手フリーズドライpleaseフリーズしないピーク紛
I want to be a baby 赤ちゃんになりたいI want to be a baby 赤ちゃんになりたい働かないで贅沢していたいI want to be
するべきことなんて 本当はなにひとつ ないと思うだからこそ 僕は 僕のために僕を考えている未来は相当ね こわいけど今を投げ捨てたくない明日もさ もう時期に 今日となるいつを選べばいいのまあそれでもさ贅沢だ沢山の初めてに囲まれたこの今に出会えてよかった大切な君とターンターンターン 目を回せわからないは楽しいどうにかなるよ どこまでだって一緒なんだから淡々々 こなさずにやりたいようにもがいてうまく行か
ねえコピペライター パクリだってさ 一括りで 叩いてるけどポリスぶって むやみやたら 似てるものを 取り締まる自己満で僕らの自由を奪わないでよ夕方5時の空 いつ撮っても 誰が撮ってもだいたい きれいな 写真になるカフェで開くパソコン いつやっても 誰がやってもだいたい おしゃれな 人に見える けどそれを個性がないとか わざわざ否定をしてる意見すら量産型の 昨今においては被りまくりもしゃーない無理に
ラブはコメディじゃ騙せない 今はおふざけ求めてない波音にも気を許せない だってつられて許しちゃう好意をエサにして 自尊心を保つ 君の浮つき癖を夏のせいで 済ませちゃいけない 絶対折れちゃいけない絶対海水掛け合いっこ もう水掛け論はいいよナメクジみたく 出来心が 君から溶けてなくなりますように海水掛け合いっこ で消毒の調子はどう?バシャバシャはしゃぐ えくぼを見て 不機嫌を乱されてしまわぬように眉間
保温の切れたぬるま湯で長風呂をして冷ましちゃおういらなくなったドキドキとけちょんけちょんの片思いああ いつまでも 長引く夏風邪をひきたいアナログ管理のスケジュールうら移りしたハートマークだけどいざ今日の夜空に花火と君を並べたらああ 見比べて 同じまやかしに気づいた私なんか君のコレクション of コネクション数いる大好きな人分の1にすぎないどこに向けたって誰に向けたっていい顔してただけだったんだねコ
カチカチと2回紐引いて さっさと豆電にした君せっかくの お泊まりなのになもう寝るの?ってゴネてみても 休まなきゃと諭されるだけなんでよと 首をくすぐったら蒸し暑いから触らないでよって 寝ぼけ眼で手をはたかれたどうせ夏ならバテてみない? 汗も肩こりも厭わずどうしようもなく触れたがる 自発的な腕枕でどうせ夏ならバテてみない? 朝に残る倦怠感もどんとぶれない愛ならば 心地良いはずでしょう違う?カチカチと2