大丈夫 – ひかりのなかに

君が大丈夫って言ってくれたら
本当に大丈夫になるから
何回何年何十年でも
そばで言ってくれないか

いくつ花束をもらったって
一つの言葉には勝てないや
ねえ
「世界が終わる日きみはどうする?」
って決まり文句
きっと僕らのことだから
なんやかんやいったって
君だけの為にずっと
歌うのだろう

せーの、で鳴らす音だけが
確かな明日への希望だ
それでもやっぱりずっと
不安と背中合わせ
月夜にむかって願いを
青い青い僕らの日々は
初恋のように
火花を散らし燃えてゆく

つまずき転んだ帰り道
見える景色は鈍い曇天のようだ
なにもかも投げ出したくなったとき
そばにいてくれたのなら
最高さ

そばにいてよ

大丈夫って言ってくれたら
本当に大丈夫になるから
何回何年何十年でもそばで言ってくれないか
何度だって挫けてきた
その度そばにいてくれた君の為に
ずっと、ずっと
歌を歌ってく
歌を歌ってゆく

絶望で歪む夜明け前
金色の夕方なんか切なくなっちゃうな
君が僕に向ける
ありふれた言葉が脆いこころ救うのだ
だからいつまでも
そばにいてよ

大丈夫って言ってくれたら
本当に大丈夫になるから
何回何年何十年でも
そばで言ってくれないか

君が大丈夫じゃなくなったときは
僕がそっとそばでこの歌を歌うよ
何回も、そう何回だって
喉が枯れても構わない
ラブソングは似合わないけれど
本当の言葉でいつも歌うから
ずっとずっと
ずっとずっと
歌を歌ってく
歌を歌ってゆく