出逢った時も君は制服でその後もそれしか見た事がない普段はどんな格好してるか一度だってみれなかった君のひとかけらも知らないクセに僕はずっとずっと 想ってたんだおかしいけど多分きっとこれから1000年生きたとしても君より好きな人は出来ないでしょうつまり君の責任は重大だケンカをしたりしてみたかったの買い物だってしてみたかったの生まれ変わってめぐり逢えたら僕だけに微笑みを時代は流れてこの街も随分と変わって
マイケル・ケインって誰かしら?ジョン・フォードって誰かしら?ティファニーでの朝食はさIs it delicious?答えあわせのない日々が可笑しいくらいに 楽しくてはしゃぎながら 華やいでくこんなに映画を愛する あなたのそばへ昨日見たものを 教えて欲しいマニアックに恋をしてもっと君を知りたくてほら まだ間に合うはずさ待っててね 知れば知るほどマニアックになりきってもっと君と話したくてもう ほどけな
心など捨てました 大袈裟に言えば そんな感じ恋なんてしてる暇ないと言い聞かせて 過ごしてただけど思わぬとこで 年下の子と気があって自然に番号取り替えちゃって帰りの電車 彼女から「今日はお疲れさまです」メールがきて胸がキュンとなる これが始まりです渋谷でさ 待ち合わせ センター街突きぬけ あのバーへそういえば聞いてない 彼氏がいるのか どうなのか?2杯目をのんだあたりで 平然を装ってところで彼氏はい