ない事には出来ないんだぜ目に見えているものを簡単にはここにもそこにも皆さまどんなに悪ぶっちゃっても優しくない事には出来ないんだ貼り付けた笑顔なんかより澄ました恥ずかしさが映えるどんなに隠したって 何も誤魔化せないでしょおばかなアイディアや時間がなにかをかたどる 青春ならばさよならなんて必要あるかある事には出来ないんだぜ目に見えないものを無造作にあれにもこれにもあなたがどうにも尽くしちゃえば もうな
わたしを見てください あなたを見てるからいっしょうけんめい過ぎると言われるけれどわたしを決めつけない あなたでいてほしい細胞みたいに変わりつづけたい大事なことを見分ける目がほしいどんなに暗い夜も清志郎なら歌ってくれるはず甘えちゃだめさ ベイベーわたしの心は わたしが決めるわたしを待っていてね 準備はオッケーです磁石を見ながら方向決める本当のことを聞き分ける耳がほしい強い風のなかでも清志郎なら励まし
錆びれた鉄がくだを巻き一筋縄にはいかない奴だ誰の事も知らんぷりして前に進め 何もかもを煙に巻き子供騙しのアイデア話半分聞いてない砂のようにすりぬけて構ってほしくてもがいてるGO! GO! GO! GO! とにかくまっすぐGO! GO! GO! GO! 馬鹿みたいにGO! GO! GO! GO! 正直に鉄の錆びを落としてく錆びれた哲学まねして努めて重たくするような狭い世界にゃいられない分厚い壁なんか
On the day with 2 simple plans I will live up toLike I never
わたしの心の真ん中にある痛みに気づかないふりしてスケッチブックに絵を描いた失くした色があるような気がしたもう虹は描けないの?ふくらみかけた花のつぼみや透き通る風もこぼれ落ちたパステルたちはやがて還ってくるの?私の世界に同じ季節は巡らないだけど歩いて 歩いてゆくよわたしの心の真ん中にある一番大事なものはなに?動かなくなったメロディーは静かに時を刻み続けてる泣きたいほど綺麗な夕焼け雲やわたしを誘うおし
夢の色広がって 星空へ舞いあがる身もふたもない 退屈超えてなるようになるだろう 落ち着かないタランチュラうそみたいだろ はだかになってくらべても しょうがない昨日とか 明日とかさぁいこう さぁいこう さぁいこう さぁいこう地平線 水平線 どこでもない 今ここで言葉の意味の そのむこうまでくらべても しょうがない昨日とか 明日とかさぁいこう さぁいこう さぁいこう さぁいこうさぁいこう さぁいこう 
遅延電車に揺られて隣で寝ている人のように心を落ち着けながら待っている出会いは本当に単純で呆気ないほど悩みもなくてかっこつけてる暇も無くていい子にする気も無くて形だけの心はいらなかったどんどん坂を登っていってだんだん疲れ切っていくそれでもまた浮かれた顔で進んでいくI dont mind.あなたの大好きな歌めいっぱい歌ってみる下手くそでもいいけど赤っ恥かくようになったらちょっとどこかに隠れたいどんど
la la la la la la la la おやすみ おやすみ星がきらめくよ おやすみ おやすみla la la la la la .....la
そんなに考える事はないさ初めに感じたままでいいさそのままでジューブン素敵さ本当の事だけでいいささあ 笑ってごらん HA・HA・HA・HA・HAほら うぬぼれてごらん HA・HA・HA・HA・HAMy Baby I LIKE YOU I LIKE YOU I LOVE YOUMy My
もう 大人なのか まだ子供なのか 迷ってる甘い夢の中で 今 目覚めたから 夢じゃない変身させて BABY スーパーヒーローになりたい新しい歌を待っているただ言葉だけじゃ 伝わらなかったの 不器用で気づいたら ギターかき鳴らして 眠ることさえも忘れてた真夜中に叫びだした 私の中の野生よ新しい歌を歌ってる遠くへ連れてってよ Overdriveきかせてささくれた音で 踊らせてああ 誰も自由 どこまでも自
あのチョコレートの形が変だあの道に落ちてる石ころが変だ変なものってたくさんある子供のようにひとつひとつ目を見張るはっきりした物言い無駄のない言葉余計のない心変なものは変だ好きなものは好きだ変なのに好きだへーんなのって言ってやれ!あのジュースのリニューアル変だ昨日見た映画が変だ11月のクリスマスは変だ大人のルールってなんだよ変だ変なものってたくさんある子供のようにひとつひとつ目を見張るきっぱりした物
さあ 不思議な夢と 遠い昔が好きならさあ そのスヰッチを 遠い昔に廻わせばジュラ期の世界が拡がり はるかな化石の時代よアンモナイトはお昼ねティラノザウルスお散歩 アハハンさあ 無邪気な夢の はずむすてきな時代へさあ タップダンスと 恋とシネマの明け暮れきらめく黄金時代は ミンクをまとった娘がボギーのソフトにいかれて デュセンバーグを夢見る アハハン好きな時代に行けるわ時間のラセンをひと飛びタイムマ
だまりこんだ ほんとのことばきこえないたちどまった ほんとのことはここにはない遠い空に 風をきり 飛び立つよ遥かに きらめく 光の 先へどこにもない どこでもない 名前もない 暗闇の中にある輝く風 優しい雨 はためく空の果てに時を超えて 風を超えて どこまでも駆け上がるBaby 時をBaby 抱きしめてBaby 風をBaby 巻きおこせBaby 君とBaby 走り出すBaby 君とBaby どこま
早くしてって 焦ってばかり鍵は持った? 忘れずにね大人には向かない 旅の始まり子供の頃はもっと 素直にいれたんじゃない?気になってしょうがないのに知らないフリできないわちゃんと聴いてちっぽけなつぶやきでも大きな声で笑ってたっていいじゃない散々な日が楽しいより勝るはずはないアイスキャンディー食べてケタケタ笑ってたっていいじゃない誰も知らない実は君の小さな檻の中は本当はロックなんてかかっちゃいないよ軽
遥か空に旅客機 音もなく公団の屋根の上 どこへ行く誰かの不機嫌も 寝静まる夜さバイパスの澄んだ空気と 僕の町泣かないでくれ ダーリンほら 月明かりが長い夜に寝つけない二人の額を撫でてまるで僕らはエイリアンズ禁断の実 ほおばっては月の裏を夢みてキミが好きだよ エイリアンこの星のこの僻地で魔法をかけてみせるさ いいかいどこかで不揃いな 遠吠え仮面のようなスポーツカーが 火を吐いた笑っておくれ ダーリン