祈りはからっぽ – ぬゆり

自分が 季節が 誰もが勘違いをしている
稚拙が 俯瞰が 違った形を装い出す

不埒な言葉が 喉から引きずり出されている
何処から来たのか 歩いて歩いて歩いている

行き場を作れないままで 僕は君だ 君は僕だ
霞んで透明な影の指先が蕩けて揺らいで交わる

何も聞きたくなくなっている頭の中は
正しいか間違っているか比べられなくなる
指折り数えている祈りは空っぽになった
きっと きっともう 頼れないな

誓いや怒りが優しく頭痛を解いていく
誰かの風が僕らを追い越すばかりだった

ひとつひとつ違っていき僕になった 君になった
安全さを切り売りして痩せていく心や頭や言葉を
止めて

重ねたくなった憂いや乾き達を
飲み込んで動かないように震えを噛み殺している
身体は檻になって中身はもう溢れないし
もっと揺らして

灯りみたいな 名前みたいな
赤茶けた心根は捨ててかなきゃ
古い夏や明日の夜にも
もう もう いないの

聞きたくなくなっていた頭の中は
指折り数えている祈りは空っぽになった
ずっと ずっと ずっと ずっと

全て繋ぎ合っておんなじになった
生活も歌も関係も品性も生い立ちも
君が嫌なこと全部殴りたいんだけれど
だって だって だって だって
だって なんでもう 動けないんだ

簡単な夢を見ないで