石けんと薬 — ぬゆり

手に余るほどの 目には見えないはずの平凡を
壊して満たしてひた隠しきって 生活のために命を使って
喉元を見れば分からないものが巻き付いている
息が詰まる何秒か前までに頭の毒に自由を奪われる
飲み込みたければ現実を射抜いておくれよ
空が割れることを待っているだけ 何もしないままじゃ放っとけないから
貴方の不安は沢山の息から生まれている
「そばに居てほしい」なんて気休めだ
嘘も本当もどっちでも無いでしょう?

あなたの思いは思い出になってしまった
古い空気を吸って吐き出しているだけ
浮かばない言葉を晴らすために追いつこうとしないでくれ!

追い風よさらば 一人で一人じゃない僕らは
例えばだけど 今更だけど 囚われ合いのまま
どうやって逝こうか すり潰されるために
あと少しだけ もう少しだけ
息が続くことを祈り震えている

細切れの恋を貼り縫い留め繋ぎ合わせて
それがどこの誰とも知らぬ人の生き餌になっていくことも知らずに
殺意を明かせば幾千の目線に焼かれていく
「神のみぞ知る」なんて今更 責任感もへったくれも無いでしょう?

思い出はとうに振り返るべき過去になり
残りの僕らは選ぶのをやめていた
名前も意味も奪われたままの僕らを見放してくれ!

幼いまま 拙いまま 前だけを見据えていた
足元を狙う悪意に気取られて
倒したまま 壊したまま 終わりのまま見つめて
また次の視線を作る

追い風よさらば 一人で一人じゃない僕らは
例えばだけど 今更だけど 囚われ合いのまま
どうやって逝こうか 野次馬の君のために
どこにも行けず 誰にもなれず
只の自分なのを怯え震えてろ

さらばさらば