なんやなんやと 出て行くからにゃ派手な喧嘩は 止(と)めるが男下がれ下がれの 野次跳(やじは)ねのけて止めるつもりが よけ燃え上がり祭りばんてん ア、アアン…泥しぶき破れかぶれも 花と咲け俺(わい)は浪花の がしんたれ呑めや呑めやと 焼酎廻しゃいつの間にやら あの娘が消えた洒で酔うより 手の方が早い何処の野郎(どいつ)が かっさらいよった宵の道頓堀(とんぼり) ア、アアン…風が吹く泣いてくれるな 
今日で昭和も 終わるんやなとぽつりお前は つぶやいたあれは飛田の 開店祝い時代が変ろと 何変ろ叩く陽気な ちんどん太鼓笑顔千両 それが浪花の 浪花節チラシ配りは 人情(なさけ)も配る配る情けが あだになるえらいこっちゃと 震える足に吠えるな子犬よ おまえまで貰(もろ)たスルメを ちぎって喰わすええやないかい これも浪花の 浪花節あんたラッパは 日本一(にっぽんいち)と誉める女房も 日本一(にほんい
樽を…樽を叩けば 飛んでくるまいどお馴染み お祭りトンボここにおいでの 皆々様よ一期一会も 何かのご縁しばし暴れる 一匹はにしきこうじと申しますハァ~ ちょいと出ました 三角野郎が四角四面の 櫓(やぐら)の上で歌いまするは 恐(おおそ)れながら言わずと知れた 八木節なれども浪花育ちの でしゃばり野郎(やろ)がと腹も立ちましょ お許しなされまずは陽気に 祭りだ祭りだオーイサネ淀の…淀の川面を スイス
ダンダ ダンダ ダダダダ ダンダンダ ダンダ ダダダダ ダン一つ叩けば 倍跳ね返るおとなししてたら そんでええとは言っても祭や祭や祭や祭や 祭やでー阿呆と言う名の 晒しを巻いた俺(わい)は浪花のぇぇ… 松五郎やザンザ ザンザ ザザザザ ザンザンザ ザンザ ザザザザ ザンやっと眠った 背中の坊(ぼん)をこらこら泣かすな 宵の夕立(あめ)とは言っても祭や祭や祭や祭や 祭やでー金と女は あの世で抱こか俺
夕昏(ぐれ) 泣きぐれ 酔いぐれてもみがら枕で 夢を見る倖せを返して 想い出案内人(びと)よこの部屋に この窓に あんたの匂いを悲しいままじゃ 可哀想あたしの心 可哀想嫌いになれたら 恨んでいれたらあしたが あしたが 見えるのに夕昏(ぐれ) 泣きぐれ 酔いぐれてもみがら枕で 夢を見るカラスなぜ泣くのカラスはきっと……愛しいあんたに 捨てられたんだよ嫌いになれたら 憎んでいれたら涙も 涙も 渇くのに