サヨナラブロッサム – ときのそら

吸い込まれそうな空の下 涙が溢れないように
見上げて誤魔化した 君は気付いていたのかな

背中越しに聞こえてる 誰かの笑い声さえ
切なく響くよ こんなに胸の奥が 痛むのはなぜ?

春の風に吹かれ 宙に舞う花びら さよならと言えずに眺めてた
もしも君といつかまた会えた時には 大好きだよと伝えるから
何もかもわかってたんだね 頷いた君の笑顔 忘れない

ねぇ今もまだ覚えてる? はじめて交わした言葉
名前で呼び合うまで 時間はかからなかったね

何をするにも二人で 同じ景色を見ていた
放課後の空も くだらない落書きも 輝いてたよ

僕らを繋いでる あの日々の記憶が 幾千の星の光になり
離れ離れでいても 何十年先でも 透明な未来を照らすだろう
なんとなく目を閉じたまま 「大丈夫」そう言い聞かせて 歩き出す

何度も名前を呼ぶよ この桜並木の下で 聞こえる?

春の風に吹かれ 宙に舞う花びら さよならと言えずに眺めてた
もしも君といつかまた会えた時には 大好きだよと伝えるから
何もかもわかってたんだね 頷いた君の笑顔 忘れない