抱きしめられるなんて 思ってなかったからしまい忘れた涙が 流れて落ちてった最後まで優しいね…最後だから優しいの?恋はあこがれそれは約束時のいたずらつまりしあわせあなたに逢えた ただそれだけで素敵なことだから悲しくないのです だってこんなに 明日があるからあなたの言う通りに まっすぐ歩いていこうふたりでいれた時間を 忘れないようにさよならを決めたのはあなたが大好きだから恋はいとしい小さな想い大きなこ
3回目の電話が鳴る きっとあなたは言うの「キミにとってボクは何?」と 答えばかり求めて…大切な人が誰か ちゃんと確かめてみたくて飛び乗った南行きの電車が今 走り始めたら涙ひとつぶ 零れてきた悲しいはずじゃなかったのに…あなたのことを考えたら 止まらなくなった窓の外を流れて行く 踏切を数えてた初めて見る 景色ばかり…私 何やってるんだろう?肝心なことはいつも 答えまでたどり着けないこの電車が向かう先
離れてても想っている きっとあなたもそうだと言える人たちがどれほど 世界中いるだろう?あなたを想わない日は たぶんわたしにはなくてそれは嬉しいことだって わたしにもわかるよ午後の光の中は あなたの優しさにも似てこんなただのわたしも 「幸せ」だと思えた会いたくて 会いたくてあなたとの今日までを大切に 大切に繰り返し思い出す胸の中なぞってみるなんでもない一日の なんでもない話して聞いてくれる人がいるの
眠れない夜明けを 邪魔する雨音ひとりの夜は寒い寒い…寒い…離別(おわり)がきたのを受け入れるそれだけのことだけど今 あなたを 失くしたことよりもまだ止まない雨が ただ悲しいふたり寝の夜に見た星空の願いさえ 流されてくから微かな眠りで あなたに触れてた温もりは 優しくて…目覚めてまた 泣いたこぼした名前に驚いたのは自分でも可笑しいけどね華やいだまま 恋がゆめのあと瞬きの間に 消えた総て永遠に愛される
東京の空は 雨を着こなしている待ち合わせの店は 二人に似合うかな?「勝手にしろ」って言われたあの日から私は私を捜していただけどね 人って そんなに変われないね心は 心は あの日と同じゴメンね 私あなたを忘れたくない素顔のままの自分でいられるように友達に戻れなくなるかもかもしれないけど声にするからいたずらな優しさ あなたからの電話「少し遅れるよ… まだ今 彼女の家」「どうでもいいわ 私を待たせないで