恋慕夜曲 – ちあきなおみ

ひとりぼっちでのむ酒は
他人の情が欲しくなる
未練ごころぬぐって のむ酒は
流しギターが よく似合う
あんな男となじっても
なじるそばから恋しくて
褪せたルージュかみしめ のむ酒は
知らず知らずに 目が濡れる

のめるふりしてのむ酒は
持ったグラスが重くなる
背の人目気にして のむ酒は
砂をかむよな 味気なさ
二度と夢など見ないよと
うそぶきながらせつなくて
無理に笑顔つくって のむ酒は
落ちる雫で 薄れがち

恋にはぐれてのむ酒は
逢えぬつらさがまたつのる
酒に酒におぼれていなければ
冷たすぎます世の中は

コメントを残す