ひとりぼっちの青春 – ちあきなおみ

あの女(ひと)が 泣いたって
いゝや俺らの せいぢゃない
重ねたグラスに 訊(き)いてみな
窓に光る あの星かげより
冷めたく 生きてく
俺らのこれが 青春さ

恋をして 夢をみて
あまい口づけ しただけで
別れてゆく夜の 憎い影
俺は嫌だ 真実ひとつに
命を 賭けても
生きたいように 生きるんだ