絶対的三分間 – そこに鳴る

耳に残った三分間の正体
答え合わせだとして
有耶無耶にされた真理への気配

何回でも何百回でも
信じてしまいそうになるくらいに
何回でも何千回でも
憔悴を極めて歩もう

夢を見てもとうに遅く
足掻いている様あはれなり
壊れた歯車に油を注して
進む足は錆びついた
有耶無耶な日々の中で
有耶無耶な幸福を
満たされた心が口渇して
進む足は錆びついた

的外れさ その三分間の正体
只手にして棄てて全ての価値に尚、推敲を

夢を見てもとうに遅く
足掻いている様あはれなり
壊れた歯車に油を注して
進む足は錆びついた

生き急いだら既に遠く
悔やんだ様只あはれなり
呆れて物も言えぬ最中に
新たな傷は癒えぬ静寂

夢を見てもとうに遅く
足掻いている様あはれなり
壊れた歯車に油を注して
進む足は錆びついた

有耶無耶な日々の中で
有耶無耶な幸福を
有耶無耶にされてまた
僕を探して

夢を見てもとうに遅く
足掻いている様あはれなり
宇宙規模の揺り籠の中で
進む足は錆びついた

零れ落ちるは三分間の正体