Into The Sky – ずんだれ

いつもと同じI Phoneのアラーム
スヌーズ止める事8回
やっと起きて顔洗い
いつもと同じスーツを着て仕事に向かう
見慣れた景色の中
下向き待つ信号また
電車に揺られて降りるホームは
人だらけで俺はいない気がした
うつむいてる町中が
仕事だけしてても憂鬱さ
終わらない時間にただただあらがうけど
やりたくないのも慣れてしまう
これでいいのか?って
わかってたけど今はこのままで
気づけば階段思い切り猛ダッシュして
ドアを開けたその向こうには

どこまでも果てしなく広い空
いつか手に入れたくなるこの空
届かないと知った虚しい空
叫びたくなる狂おしい空
そんな空に一番近い場所
あのビルのてっぺんに登って
愛を叫べ 叫び倒せ 愛を叫べ 叫び倒せ

キラキラ光る都会のネオンに
なぜか昔はただ憧れた
期待した未来へ到着をしても
今ではもうとっくに住み慣れた
冷めた鉄筋コンクリートの
ワンルームで1人温かいコーヒー
今日はやたらと心に染みる
夜が来る度しみじみ
地元以外の知り合いも増え
順調な気がしたが時が経つにつれ
恋しく思う地元のあの顔ぶれ
見飽きたはずの田舎のあの風景
ふとした時たまに思い出す
思い描いた理想と今
タバコともどかしい気持ちだけ
持って飛び出し見上げた向こうには

どこまでも果てしなく広い空
いつか手に入れたくなるこの空
届かないと知った虚しい空
叫びたくなる狂おしい空
そんな空に一番近い場所
あのビルのてっぺんに登って
愛を叫べ 叫び倒せ 愛を叫べ 叫び倒せ

無理し過ぎてまで
がむしゃらに頑張って
家族や友達や
大事な人はきっと喜ばねぇ
少しは息抜きしてもさ
バチは当たらねぇしゆっくり行こうか
たまには生まれ育った故郷に
帰ってみようか 帰ってみようか

どこまでも果てしなく広い空
いつか手に入れたくなるこの空
届かないと知った虚しい空
叫びたくなる狂おしい空
そんな空に一番近い場所
あのビルのてっぺんに登って
愛を叫べ 叫び倒せ 愛を叫べ 叫び倒せ

どこまでも果てしなく広い空
いつか手に入れたくなるこの空
届かないと知った虚しい空
その向こうにはきっと同じ空
そんな空に一番近い場所
あのビルのてっぺんに登って
愛を叫べ 叫び倒せ 愛を叫べ 叫び倒せ