雲丹と栗 – ずっと真夜中でいいのに。

赤血球みたいな 白玉半分が欠けた
十五夜お月様 丸まってみたって僕は見てもらえないの
近づけば近づくほど 当たり前が当たり前に変わる魔法
君との距離を保つため 守るために僕は戦うんだ

楽しいほど 魔の攻撃が押し寄せたら
僕が食べてあげるから

傷つけっぱなし 気づけない時もある
落し物なら僕が届けにゆくから
謙虚に健康に真夜中をむかえたら
時間が無限に存在するような感覚

雲丹と栗 柿と梨 たけのこご飯
魅力まで周りに合わせなくていいんだ
雲丹と栗 雨宿り 香ばしい木の実
不器用な話し方でもいいんだ

うにぐり おにぎり うにぐり

いくらバッテンにされても そもそも目に止まらなくても
僕は僕を全うすることに 懲りないくらいでいいと
ヒントを置いてっては消えた 微かな温もりで生かされてた
願っては 届かなくても ただ願ってた

正しいほど 魔の攻撃が押し寄せたら
全て抱きかかえるから

傷つけっぱなし 気づけない時もある
落し物なら僕が届けにゆくから
謙虚に健康に真夜中をむかえたら
時間が無限に存在するような感覚

雲丹と栗 柿と梨 たけのこご飯
魅力まで周りに合わせなくていいんだ
雲丹と栗 雨宿り 香ばしい木の実
心地いい冷たい風が好きさ

ひとりぼっちと1匹で 何かが変えられるかな
離れ離れに気づく刹那があるなら
行けるところまで 真夜中を散歩してさ
時間が僕らを何者でも無くしてくれる

雲丹と栗 柿と梨 たけのこご飯
当てはまる必要なんて無くていいんだ
雲丹と栗 雨宿り 香ばしい木の実
不器用な優しさが僕は好きさ

うにぐり おにぎり うにぐり